EOS 5Dと5DMarkIIの高感度ノイズの比較では5DMarkIIが1段分リード

CAMERA LABSにEOS 5Dと5DMarkII の高感度ノイズの比較テストが掲載されています。

Canon EOS 5D Mark II vs EOS 5D High ISO Noise

  • 5DMarkII のノイズリダクションはデフォルトの設定。ただし、オートライティングオプティマイザと高輝度側・階調優先はOFFに設定
  • ISO100-200では、どちらもノイズがなくクリーンな画像。ISO400になると、ピクセル等倍で細かく見ると5Dはバックグラウンドにわずかに模様(ノイズ)が見られる
  • ISO800では、5Dは非常にわずかだが、はっきりした色ノイズが出る。5DMarkII は、背景にごくわずかな模様(ノイズ)が見られるが滑らかでクリーンな画像
  • ISO1600では、5Dは等倍で見ると色ノイズがかなり目立つようになる。5DmarkII は、背景にわずかなノイズが見えるだけでクリーンな画像のまま
  • ISO3200では、5Dは盛大な色ノイズで苦しくなるが、5DMarkII はノイズが少し増え、画像が若干ソフトになるだけで、ノイズを上手く抑えている
  • ISO6400では、5DMarkIIも目に見えてノイズが増えるが、まだ、小さなプリントでは十分綺麗に見えるだけのディテールが残っている
  • サンプルから判定すると、5DMarkII の高感度の画質は、5Dに比べて1段分のアドバンテージがある
  • 背景部分のノイズを比較すると、5DMarkII はα900と1Ds MarkIII より優れている。D700は明らかに5DMarkII より低ノイズだが、決定的なリードではない。

 

5DMarkII は5Dに比べて色ノイズは明らかに少ないですが、高ISOになればなるほど画像が塗りつぶされたような感じでモヤっとしてきますね。ノイズを残す方向の5Dの絵作りのほうが好みというユーザーも多そうな気がします。

2008年12月 7日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2008年12月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ18-125mm DC OS HSMは望遠側の画質がウィークポイント」です。

次のブログ記事は「EOS 5DMarkII のJPEGはディテールが省略されてべたっとした印象」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る