EOS 5DMarKII は黒点問題が無ければ最高の評価に値する

CAMRA LABSにEOS 5D MarkII のテスト記事が掲載されています。

15th December 2008: Canon EOS 5D Mark II - full review

  • デフォルトの設定だと初代5Dと似た絵作りの傾向だが、よいレンズを使うと5DMarkII はよりディテールの描写に優れている
  • RAWで撮影してDPPで色収差を補正すると、大変すばらしい画質になる。キヤノンがDIGIC4でニコンやパナソニックが搭載しているJPEGの色収差補正機能を搭載していないのは残念
  • チャートでの解像力は、JPEGで同条件での比較では1DsMarkIIIより高く、JPEGの処理は1DsMarkIIIより優れている。α900との比較では解像力は同等の値で、5DMarkII のほうがクリーンでカリっとした画質
  • 高感度ノイズは初代5Dと比べて1段分、α900と比べると低感度域で1段分、高感度域で2段分のアドバンテージ
  • 5DMarkII にはハイライトの近くに黒点が出る問題があり、解決策は無く、ファームウエアのアップデートが望まれている
  • 5DMarkII はキヤノンで最も優れた画質のデジタル一眼の一つで、黒点問題がなければ最高の評価に値する

 

DIGIC4が生成するJEPGはネット上ではあまり評判がよくありませんが、ここでは珍しく(?)5DMarkII のJPEGが高い評価になっていますね。

また、すっかりポピュラーになってしまった(?)黒点問題ですが、天体撮影をするユーザーにとっては明るい星に黒点が出てしまって(作例)かなり致命的な問題のようです。

2008年12月16日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2008年12月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2009年11月のデジタルカメラ売れ筋ランキングはニコンD60がトップ」です。

次のブログ記事は「ペンタックスが明日、新型デジタル一眼を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る