マニア向けのコンデジではLUMIX DMC-LX3が総合優勝

dpreviewにマニア向けコンパクトデジカメの7機種による比較レビューが掲載されています。

Enthusiast Compact Camera Group Test

  • 日中野外での画質は、LX3(パナソニック)とG10(キヤノン)の2機種がベスト。SX110 IS(キヤノン)・TZ5(パナソニック)・P6000(ニコン)はこのクラスの平均、Z8612 IS(コダック)とR10(リコー)はこのクラスの底辺
  • 暗所・高ISOでの画質はLX3がベスト。TZ5、G10、SX110 ISはこのクラスの平均、Z8612 IS・P6000・R10はこのクラスの底辺
  • P6000は、最低感度でさえ低コントラスト・低解像力で、高感度にも弱い。G10は低感度では驚異的な解像力だが、高感度になると画質が悪くなる
  • LX3は優れた画質と高感度性能を持ち、液晶モニタもすばらしく、総合優勝。しかし、ボタンが小さすぎて操作性がよくない、望遠側が短いなどの欠点もある

 

解像力ではG10がダントツですが、高感度の画質や階調の豊かさではLX3がいいですね。TZ5とSX110 ISも高倍率ズーム機の割りには意外と画質がいいと感じました。

2008年12月25日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2008年12月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS 5D MarkII 開発陣のインタビューが掲載」です。

次のブログ記事は「ツァイス21mm F2.8とニコンAF-S14-24mm F2.8の比較レビュー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る