オリンパス ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 II はキットレンズとしてこれ以上は望めないスーパースターレンズ

PopPhotoにOLYMPUS ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 II のレビューが掲載されています。

Olympus Zuiko Digital 14-54mm f/2.8-3.5 II AF

  • SQFテストではズーム全域で優れた解像力とコントラスト
  • 歪曲は非常に小さく、14mmで0.26%のタル型、35mmで0.01%の糸巻き型、54mmで0.02%のタル型。これは、これまでテストしてきたズームレンズの中でベストの性能で旧型(14mmで0.42%)より改善
  • 周辺光量落ちは、14mmではF3.5、35mmと54mmではF4で解消し旧型に比べて明らかに改善している
  • シャープでほとんど歪曲がなく、AFも高速でキットレンズとしてはこれ以上は望めないスーパースターレンズ。光学性能が優れているだけでなく、軽くコンパクトで毎日持ち歩ける

 

標準ズームでこの歪曲の少なさはすごいですね。オリンパスユーザーの間では12-60mmのほうがよりシャープと言われていますが、12-60mmは歪曲が大きいので、直線的な被写体中心の方は14-54mm II のほうが向いているかもしれません。

14-54mmの旧型とII型は、コントラストAFに対応しただけで光学系は同じだと思っていたのですが、歪曲や周辺光量落ちがかなり改善しているので、光学系にも手が入っているのかもしれません。

2009年1月31日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年1月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CanonがPMA2009で2機種のLズームを発表?」です。

次のブログ記事は「PENTAX K-mは露出不足の傾向があるのがウィークポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る