シグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM を2月21日に発売

SIGMAから18-250mm F2.5-6.3 DC OS HSMが発表されました。

手ブレ補正(OS)機構を搭載したデジタル専用13.8 倍高倍率ズームレンズ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM 発表

  • 13.8倍の高倍率ズームレンズで、約4段分の手ブレ補正効果
  • ソニー、ペンタックス用も手ブレ補正(OS)機構を搭載し、カメラ内補正機能内蔵ボディでも使用可能で、レンズ内手ブレ補正、ボディ内手ブレ補正のいずれかの選択が可能
  • SLDガラス4枚、非球面レンズ3枚を採用し、全撮影距離で高画質
  • 最短撮影距離はズーム全域で45cmで最大撮影倍率は1:3.4
  • 2009年2月21日発売(キヤノン用)、シグマ・ニコン・ソニー・ペンタックス用は未定
  • 希望小売価格 85,700円(税別)

 

ソニー、ペンタックスマウントでもレンズ内手ブレ補正が使えるというのは、面白い試みですね。望遠レンズではレンズ内手ブレ補正でファインダー像が安定するというメリットがあるので、ソニーやペンタックス用でもOS付きのままで発売してくれたほうがありがたいです。

2009年1月15日 | コメント(2)

コメント(2)

このスペックを配信するのが遅い様な気がしますが、
他社の事例を考慮した上での配信だとしたら、
描写は期待できそうですね。
自分はK20Dを使っているので、
OSを排除して安価にしてほしいです。

pentarouさん
コメントありがとうございます。

タムロンより登場が遅くなった分、光学性能がよくなっていることを期待したいですね。

これまでのシグマのレンズでは、ペンタックス用はOS無しでも同程度かむしろ高いくらいの実売価格になっているので、同じ値段ならOSが付いてたほうがいいかもしれませんね。
値段が安くなる&重さが軽くなるなら、OS無しでも納得できますが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年1月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニー裏面照射型CMOSセンサー「Exmore R」を製品化。デジカメに搭載する可能性もあり」です。

次のブログ記事は「景気後退の影響で2008年12月のデジタルカメラ販売台数は大幅に減少」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る