景気後退の影響で2008年12月のデジタルカメラ販売台数は大幅に減少

ASCII.jpにデジカメ市場の動向に関する記事が掲載されています。

極寒! 2ケタ減のデジカメ市場、底冷え続く

  • BCNの調査によると景気後退の影響で、2008年12月のデジタル家電、パソコンなどの販売は不振を極めており、デジタルカメラはコンパクトデジカメが不振で台数、金額共にマイナス
  • 12月のデジタルカメラ全体の販売台数は前年比93.8%、金額ベースでは81.8%と大幅に減少
  • コンパクトデジカメは苦戦しているが、一方でデジタル一眼は好調に推移。フルサイズ機も金額ベースで2割弱にまで伸びてきている
  • デジタル一眼の低価格化が進むことで、高級コンパクトデジカメの市場が喰われている
  • パナソニックやオリンパスの進めるマイクロフォーサーズに市場開拓の可能性

 

不況の影響でデジタルカメラ市場も酷い状況になっていますが、デジタル一眼が好調なのが救いですね。

デジタル一眼のシェアでは、相変わらずニコンとキヤノンの2強が圧倒的に強く、ペンタックス、オリンパスは年末商戦でパナソニックにも抜かれ、かなり厳しい状況になっています。ソニーは、秋口までがんばっていたものの年末に失速していますね。

2009年1月16日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2009年1月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM を2月21日に発売」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF17-40mm F4Lを2009年中にリニューアル?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る