ニコンAF-S 50mm F1.4Gは旧型とよく似た描写

CAMERA LABSにニコンAF-S 50mm F1.4GのAPS-C機(D300)でのテスト記事が掲載されています。

18th January 2009: Nikkor AF-S 50mm f/1.4G lens

  • AFは静かで高速だが、MFの操作性重視で回転角が大きいため期待したほど速くない
  • F1.4とF2での描写は明らかに甘いが、F2.8で著しく改善し、F4以上ではきわめてシャープな描写
  • 2段以上絞るなら素晴らしい性能だが、旧型の50mm F1.4Dと比べて必ずしもシャープなわけではく、よく似た描写。このため、光学性能の向上のために新型に買い換えるのはやめたほうがよい
  • MTFでは開放時のコントラストは旧型よりも良好で、解像力もFXフォーマットの範囲内ではより高い
  • 開放ではDXフォーマットの周辺部でもサジタルコマフレアが目立つ。FXフォーマットでは更に悪いと思う
  • 太陽を直接入れたショットでもフレアやゴーストは発生せず、とても満足のいく結果で、新型の50mm F1.4Gには非常に満足している

 

このレビューを見る限りでは、新型の光学性能は旧型からそれほど大きくは向上していないような印象です(フルサイズでは評価が変わるかもしれませんが・・・)。

シグマの50mm F1.4が各社の50mm F1.4と比べて光学性能が非常に優秀だったことを考えると、多少物足りないような感じもしますね。

2009年1月20日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年1月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コシナ ZEマウント(EOS用)のZeiss T*1.4/50とT*1.4/85を正式に発表」です。

次のブログ記事は「タムロンAF18-270mm F3.5-6.3 VCはEOS 50Dでは少々苦しい画質」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る