ペンタックスK-mはK20D・K200Dと比べて安定した手ブレ補正効果

マイナビニュースにPentax K-mのレビューが掲載されています。

ペンタックス K-m 実写インプレッション

  • ボタンは必要最小限でサイズが小さく配置も窮屈。十字キーも狭く隣のボタンに触れやすい
  • AFは快適で不満は感じないが、レリーズしてからワンテンポ遅れてAFやシャッターが動く感じ
  • ボディ内手ブレ補正はさらに進化し、効果は最大で2段程度だが、K20DやK200D比べて幅広い範囲安定して安定して働いている
  • 高感度はISO400まではまったくノイズは見られず、ISO800でわずかにざらつきが発生し、ISO1600では若干の色ノイズが現れる程度。ISO3200では急激に像が荒れる、色も変わるのでISO1600を限度に使うのがよい
  • 絵作りはカリカリしすぎず誰にでも安心して使えるもの。カスタムイメージは「鮮やか」では色が乗り過ぎるので「ナチュラル」を標準と考えるのがお勧め
  • ライブビューなどの要望がなくもないが、使っていてホッとするような肩のチカラを抜いて撮影できるカメラ

 

ペンタックスの手ブレ補正は、マイナビニュースやカメラ雑誌などのレビューによると「やや効果が弱い」という結果が出ていましたが、K-mでは強力とは言えないまでも、平均レベルの手ブレ補正効果を得られるようになったようです。(参考:K20Dの手ブレ補正のグラフ

絵作りはややソフトぎみで、個人的にはもう少しシャープなほうが好みですが、加工用の素材としてはこのくらいのほうがいいかもしれませんね。

2009年1月27日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年1月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD3Xは8000ドルでも買う価値がある素晴らしいカメラ」です。

次のブログ記事は「PMA09でD60後継機(D65?)の発表は期待できるがD400は微妙?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る