高倍率ズーム機ではPowerShot SX10とDMC-FZ28が同点でトップ

depreviewに高倍率ズームのコンデジ7機種による比較レビューが掲載されています。

Super Zoom Camera Group Test

  • 日中屋外での画質は、SX10 IS(キヤノン)、FZ28(パナソニック)、H50(ソニー)がグループの上位で、S8100fd(富士フイルム)、SP-565UZ(オリンパス)は中間。P80(ニコン)、S2000HD(富士フイルム)はクラスの底辺
  • 暗所や高感度での画質は、SX10、FX28、H50がグループ上位。S2000HD、SP-565UZは中間。P80、S8100fdはクラスの底辺
  • 上位3機種(SX10、FX28、H50)のうち、ソニーはH50は操作性がイマイチで、ファインダーの解像力が低い。SX10は特に低感度ではシャープで、ファインダーの画質は一番よい。FZ28は小さく軽く、性能のよいAFとHD動画モード、RAWモードを持ち、高感度性能が一番優れている
  • キヤノンSX10 ISとパナソニック FZ28 が同点で総合優勝

 

キヤノンのSX10ISはカリっとした描写で解像感が高く、パナソニックのFZ28は逆にしっとりとした描写でPowerShot G10とDMC-LX3の関係に似ている感じです。ニコンは、コンデジでは一眼レフと違って、いまひとつパッとしない印象ですね。

2009年1月18日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年1月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンAF 18-270mm F3.5-6.3 VCは1本で最も役に立つレンズ」です。

次のブログ記事は「α900、D700、5D MarkII の画質比較「D700は万人受けする絵作り」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る