Nikon AF-S 50mm F1.4Gはデジタル時代の新スタンダードに相応しい性能

デジカメWatchにニコンのAF-S 50mm F1.4Gのレビューが掲載されています。

ニコン「AF-S NIKKOR 50mm F1.4 G」 交換レンズ実写ギャラリー

  • ナノクリスタルコートは、フレアやゴーストに対して強い光学設計なので見送られた
  • 描写は単焦点レンズらしくコントラストとシャープネスの高いもの。フレアの発生は少なくクリアで、ヌケのよさはこれまでのニッコールのなかでもトップレベル
  • 光学解像度も高く、線の繊細さは標準ズームと比べるまでもなく、開放でも比較的芯のある描写
  • ボケは柔らかく円形絞りのため絞り込んでも嫌みのないもの
  • デジタル時代の新しいスタンダードに相応しい光学性能と描写性能

 

単焦点レンズらしく素直な描写で解像感も高いですが、ものすごく高性能という感じではなく"普通に高性能"といった印象です。ボケは、輪郭が少々強調される傾向でややうるさい感じがします。

2009年2月 3日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年2月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PENTAX K-mは心から推薦するのは難しいカメラ」です。

次のブログ記事は「CANON PMA2009でKiss後継機と1DMark IIInを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る