シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSMなど3機種のレンズを発表

シグマから10-20mm F3.5、50-200mm F4-5.6 OS、18-50mm F2.8-4.5 OSの3つのDCレンズが発表になりました。

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM 発表

  • ELDガラス2枚、SLDガラス1枚、非球面レンズ4枚を採用し、倍率色収差とディストーションを良好に補正しコンパクト化を達成

SIGMA 50-200mm F4-5.6 DC OS HSM 発表

  • レンズ前群にSLDガラスを使用することで全撮影距離で高画質を実現。光学式手ブレ補正を搭載し、約4段分の手ぶれ補正効果を発揮

18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM 発表

  • SLDガラス2枚、非球面レンズ3枚を採用し、諸収差を良好に補正、スーパーマルチレイヤーコートの採用によりフレア・ゴーストの発生を軽減

 

シグマの10-20mmは旧型もなかなか評判がよかったので、明るくなった新型にも期待したいところですね。また、旧型の50-200mmは、安価で小型軽量のレンズにもかかわらず驚くほど描写性能がよかったので、このOS付きの新型レンズも楽しみです。

 

2009年3月 3日 | コメント(2)

コメント(2)

2/17の情報にあった3機種というのはこれらのことだったのでしょうかね。70-200mm F2.8 OSに期待してたんだけどなぁ。

ハチさん
コメントありがとうございます。

残念ながらシグマに関する噂は、10-20mm以外は、はずれみたいですね(10-20mmも明るさが若干違いますが)。

70-200mm F2.8はニコンもキャノンも純正レンズが古くなってきているので、シグマから新製品が出てくれば、かなり売れそうなものですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスDA15mm F4 ED AL Limitedを3月下旬に発売」です。

次のブログ記事は「シグマ 換算41mmのレンズを採用したDP2を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る