ニコン AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8Gは色収差とパープルフリンジが弱点

dpreviewにニコン AF-S DX Niikor 35mm F1.8Gのレビューが掲載されています。

Nikon AF-S Nikkor 35mm 1:1.8G DX review Andy Westlake, March 2009

  • 開放では中央は解像力が高いが周辺部甘く、ハレーションのためコントラストが低いが、F2.8まで絞れば周辺部まで素晴らしい画質
  • ボケ味はおおむね良好だが、エッジが若干硬い
  • フレア耐性は大口径の単焦点レンズとしては良好
  • 周辺光量落ちは、最大で1.3EVで、旧来のFX用の50mmよりも少なく、心配はない
  • 歪曲は1.1%のタル型で標準の単焦点としては平均的
  • 倍率色収差は絞りを開き気味にしているときは低いが、絞ると大きくなり、赤・シアンの色ずれが非常に目立つ
  • パープルフリンジとボケの色付きが出やすい傾向があり、絞りを開きぎみにした場合には目に付く
  • 18-55mm VRや18-200mm VRよりシャープ
  • 色収差やパープルフリンジが欠点だが、低価格で良好な性能で、ニコンユーザーが買うに値するレンズ

 

絞り開放付近の描写の甘さや色収差など欠点はいくつかあるようですが、低価格な大口径単焦点レンズとしてはなかなか優秀な性能という印象です。

ただ、低価格とは言っても、実売1万円以下のEF50mm F1.8 IIと違って3万円近くするレンズなので、個人的には距離目盛は残して欲しかったと思います。

2009年3月22日 | コメント(2)

コメント(2)

こんばんは。
このレンズを購入して2週間になります。
自分程度の眼力では歪曲や色収差はわかりませんが、
カメラに付けっぱなしで持ち歩いたり、撮影の練習には
うってつけのレンズですね。
明るいというのは良いことです。
管理人さんの仰るとおり距離目盛が無いのは不思議でなりません。

大山さん
こんばんは。コメントありがとうございます。

35mm F1.8G ご購入おめでとうございます。
APS-Cで使いやすい焦点距離で、明るくボケも活かせるので、単焦点の入門レンズとしてとして最高のレンズですよね。距離目盛がなくても実用的にはまず問題はないですし。

大山さんは、18-200mmをお持ちなので、あとは中望遠のマクロレンズあたりを揃えれば大抵のものが撮れそうですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年3月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コシナ Carl Zeiss Distagon T*2.8/21を4月に発売」です。

次のブログ記事は「オリンパスは6月までにE-450を発表し、その後マイクロフォーサーズ機を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る