パナソニック DMC-TZ7の720/60Pの動画は実質30コマ/秒なのが残念

日経トレンディネットにLUMIX DMC-TZ7のレビューが掲載されています。

動画革命を起こす!? 「LUMIX DMC-TZ7」徹底レビュー【前編】

  • 手にするとTZ7はTZ5よりやや軽くスリムに仕上がっている
  • AVCHD Liteムービーのフレームレートは60P(毎秒60コマ)だが、本機のCCDからの出力は30Pのプログレッシブ表示なので、同じコマを二度記録することで60Pに変換している。映像のフレームレートは実質30Pで、本来の720/60Pでない点が残念
  • AFの動作はやや緩慢だが、フォーカスの探りは少なく、1~2秒程度でぴったりと合焦。一度合焦するとフォーカスのふらつきがなく、AFは精度的に信頼できる
  • 円形の絞り羽根を使用し、ムービー撮影時のボケもしっかりと丸形になるのが素晴らしい
  • AFの作動音はボリュームを最大に上げるとごくわずかに聞こえる程度で、ムービーデジカメとしては今までにない静音性を実現

 

絞りが2段階から多段階の円形絞りになったり、AFの作動音が低減されているなど、動画に関してはHD対応になっただけでなく、多くの改良が施されているようです。

ただ、動画はスペック上は60Pの記録が可能としながらも、実質30Pの記録しかできないというのは、動画重視のユーザーには不満が残りそうですね。

 

2009年3月11日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年3月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスが2009年末にマニア向けのデジタル一眼を発売予定?」です。

次のブログ記事は「FinePix F200EXRはF31fdの高感度性能とF100fdの高解像度を備えたカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る