キヤノン EF24-105mm F4Lは歪曲と周辺光量落ちがウィークポイント

photozoneにCanon EF24-105mm F4L のフルサイズ機(EOS 5D Mark II)によるレビューが掲載されています。

Canon EF 24-105mm f/4 USM L IS (full format) - Lab Test Report / Review

  • 歪曲は24mmで4.3%と膨大な量で建築物を撮影するのに不安になるレベル。以降のズーム域では歪曲は少なくなり、40mmでは0.7%だが、望遠端では再び歪曲が大きくなり1.5%糸巻き型
  • 周辺光量落ちは、フルサイズでは24mm F4で2.5EVと途方もなく大きく、実写で容易に見える。F5.6でも周辺光量落ちはきわめて顕著で、F8とF11でも1~1.25EVとまだかなり大きい
  • 解像力はワイド端では中央は非常によく、周辺もよいが、70mm以降では、中心はよいものの周辺部は開放では甘く、F5.6かなるべくならF8まで絞ったほうがよい
  • 色収差はズーム全域でまずまずだが、24mmでは1.5px前後でこれは等倍で見れば普通に見えるレベル
  • ボケ味はよくズームレンズとしては満足のいくもの
  • フルサイズ用のよい標準ズームの一つだが完璧なレンズではない

 

比較的高倍率な"便利ズーム"として考えれば十分な性能かもしれませんが、Lズームとしては光学性能が少々物足りない印象ですね。

APS-C用なら、これでも十分な性能かもしれませんが、フルサイズ用としては全体的にもう少し性能をアップして欲しいと思います。

2009年3月11日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FinePix F200EXRはF31fdの高感度性能とF100fdの高解像度を備えたカメラ」です。

次のブログ記事は「キヤノン EOS Kissシリーズ次期製品はHD動画搭載で秋から年末に発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る