APS-Cで使うならEF24-105mm F4LよりEF-S17-55mm F2.8のほうがよい買い物

photozoneにキヤノン EF24-105mm F4L の15MPのAPS-C機(EOS 50D)による再テストが掲載されています。

Canon EF 24-105mm f/4 USM L IS - Retest @ 15mp (APS-C)

  • 24mmではタル型の歪曲(1.8%)が目立つが、ほどほどの大きさ。望遠側ではわずかな糸巻き型の歪曲があるが実写では心配ない
  • 周辺光量落ちは、開放でも0.6EV以下で実写では問題ない。1段絞れば無視できる
  • 中央の解像力はズーム全域で「とてもよい」~「最高によい」のレベル。周辺部は24mmと40mmでは非常に高いが、70mmと105mmでは開放では甘くなる。しかし、F5.6-8まで絞れば改善する
  • 色収差は平均的な値だが、広角端と望遠端では1.5px前後で目立つ
  • ボケ味はズームレンズとしては満足のいくもの
  • テストではとてもよい性能を示しているが、このクラスでは高価なレンズで、ここではEF-S17-55mm F2.8のほうが多分よい買い物

 

APS-Cでの解像力は、広角側では開放から望遠側でも1段絞れば周辺部まで高い値で、フルサイズ用のレンズとしては少々欠点が目立つレンズですが、APS-C用レンズとしては(大きさや重さは別にして)なかなかよいレンズではないかと思います。

結論では、「EF-S17-55mm F2.8のほうが多分よい買い物」とありますが、ズーム域が全然違うので、EF-S17-55mm F2.8とEF24-105mm F4Lは直接比べられないような気がします。

2009年3月20日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS KissX2後継機はHD動画搭載の15MP機で3月25日に発表?」です。

次のブログ記事は「Nikon D400がドイツのニコン公式サイトに掲載されていた?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る