FinePix F200EXRはF31fdの高感度性能とF100fdの高解像度を備えたカメラ

デジカメWatchに伊達カメラマンのFinePix F200EXRのレビューが掲載されています。

【伊達淳一のデジタルでいこう!】富士フイルムFinePix F200EXR

  • F31fdとの画素数の差は歴然としていて、ビルの細部や樹木の枝や葉まで緻密に再現されている。6MモードでもF31fdは輪郭ににじみが生じていて、低感度の画質はF200EXRのほうが上
  • F100fdと比べると、わずかに解像感は高く同等以上の細部の描写力
  • 同じ1200万画素でも1/2.3型クラスのCCDを採用した機種よりもキレがよく、細かい枝がにじんだり溶け込んだりすることもなく、画素数に見合った描写力
  • 高感度はF200EXRのSNモードでは、F31fdやF100fdと比べてもノイズはむしろ目立っているが、細部の情報がしっかり残っている。高感度でF31fdを超えたとまでは言えないかもしれないが、並んだと言える
  • F100fdで不評だった操作系が見直され、露出補正ボタンが復活し、撮影モードがダイヤルで切り替えられるようになったのは快適
  • F200EXRはF31fdの高感度とF100fdの高解像度を備えていることが確認できた

 

F200EXRはコンデジとしては解像感が非常に高く、静止画の画質は抜群ですね。高感度の性能もこのクラスとしてはトップレベルだと思います。F100fdで評判の悪かった操作性が改善されたのも嬉しいところです。

高感度はF31fdを完全に超えたとまでは言えないようですが、F200EXRには換算28mmスタートのレンズと、手ブレ補正、12MPの画素数などいろいろなアドバンテージがあるので、F31fdを愛用しているユーザーもそろそろ買い替えを考えてもいいかもしれませんね。

2009年3月11日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック DMC-TZ7の720/60Pの動画は実質30コマ/秒なのが残念」です。

次のブログ記事は「キヤノン EF24-105mm F4Lは歪曲と周辺光量落ちがウィークポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る