PENTAX DA15mm F4 Limitedは直線が限りなくまっすぐに写るレンズ

Photo of the DayにペンタックスDA15mm F4 Limitedのレビューが掲載されています。

『「デジタル一眼」交換レンズ入門』

  • DA15mm F4 Limitedは、小さくかっこよく、高級感もたっぷりのレンズ
  • 超広角レンズでこれほど歪曲の少ないレンズはとても珍しく、画面周辺部の直線が、限りなくまっすぐに直線に写る
  • APS-C標準ズームの広角端18mmと、15mmでは数値上では3mmしか違わないが、画角的に大きく違う
  • レンズ鏡筒のデザインも作りもよくて手触り感も大変よく、実際に写してみるともっと気分がよくなるレンズ

 

窓枠を写したサンプルを見る限り確かに歪曲はとても少なそうです。このサンプルでは解像力などはわかりませんが、かなり力が入っているレンズのようなので画質には期待できそうですね。

2009年3月 9日 | コメント(4)

コメント(4)

これ欲しいのですが・・・ 先立つものが(+_+)
DA14mm売って買おうかな、DA14もいいレンズなんですがなんせ重いデカイ・・・。

>限りなくまっすぐに直線に写る。
 星空撮影にピッタリです!!

てばまるさん
コメントありがとうございます。

DA14mmは大きいですけど、F2.8なので使い分けできそうな気もします。でも、DA15mmと両方はいらないかもしれないですね(^^;

>星空撮影にピッタリです!!

DA15mmだとスカイメモとかのポタ赤で気軽に撮影できそうですね。私も昔は天体写真やってましたが、最近は都会の空が明るすぎて、天体写真は車で遠征しないとどうにもならないのが厳しいところですね。

管理人さんも天体写真やってたのですね。
私も同じような理由で追尾撮影は随分遠ざかってますが固定撮影は山に行ったときなどにやったりしてます。

コメントありがとうございます。

天体写真は楽しいですが、手間と時間がかかりすぎますよね。昔は遠征したりしてましたが、時間的にも体力的にも辛くなって最近は、あまりやらなくなってしまいました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックス K20Dクラスの新機種は夏のボーナス商戦期、K200D後継機は年末に発売予定」です。

次のブログ記事は「SONY Cyber-shot DSC-HX1のスイープパノラマは革新的な機能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る