PENTAX K-mの解像力・色再現性はライバルをしのぐ素晴らしい性能

PopPhotoにペンタックス K2000(K-m)のレビューが掲載されています。

Pentax K2000: Camera Test

  • 画質はISO100-800まではとても良好だが、ISO1600では画質が低下する
  • 解像力は2170ラインと非常に高く、1020万画素機としては素晴らしい
  • 色再現性テストでは、8.3(ライバルの機種は7.6~7.8)と極めて高い値
  • ノイズはISO800までは少なく、ISO1600でもほどほどだが、ISO3200は許容範囲外。ニコンのD60やソニーα200のほうがよい
  • AFは明るい場所では高速で正確だが、EV2まで暗くなると1.32秒ほどかかりライバルよりも遅くなる。オリンパスE-420が合焦できないEV-1でも合焦するが、2.38秒かかる。(Kiss Fとα200は1.4秒、D60は1.1秒)
  • 最初のデジタル一眼として後悔しない機種。ある程度明るい場所では美しい画像を得られるが、暗所で撮影する人は、よく考えたほうがいいかもしれない

 

解像力や色再現性はライバルをしのぐ非常に高い評価ですが、高感度ノイズや暗所でのAF性能はイマイチという結果になっています。

日中の風景撮りやネイチャーフォトなどにはとてもよさそうですが、室内や夕景・夜景中心の人はAFや高感度が強い他機種も考えたほうがいいかもしれませんね。

2009年3月21日 | コメント(2)

コメント(2)

こんにちは
CMOS機よりCCD機の方が、色再現が良いのでしょうか。
DL2もホワイトバランスが良くて使っています。(AFの遅さ迷いは我慢の限界)

以前、雑誌の比較記事でα100の人肌が、青かぶり激しかったことを読みました。
S5Proが色調がもっとも良かったのです。各メーカー色調に偏りがありますが、
人肌をS5Pro並み或はなるべく近づけるための設定の工夫(JPEG)などを
特集していただけると幸いです。(そういう記事があると良いですね)

RAWで、調整する方法はあるのでしょうが、エントリー機ユーザーやものぐさユーザーレベルの
カメラ本体のみの設定で、JPEG出力で綺麗な色調がでると素晴らしいと思います。
レンズの影響もあると思いますが、プロがどんな理由でレンズとカメラを選ぶのかも楽しそうです。

CCD機でなくとも、CMOS機でも再現できると良いですね。

小瑠璃さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
 
色再現性についてはよくわかりませんが、CCDのほうが艶がある描写のように感じます。ただ、12MPのCMOSと比べると高感度性能では勝負にならないようですが。JPEG撮って出しでよい画像が出るというのは、確かにとても重要なことですよね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年3月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Nikon D400がドイツのニコン公式サイトに掲載されていた?」です。

次のブログ記事は「キヤノンがKissシリーズ用の新しいキットレンズを用意している?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る