ニコンAF-S NIKKOR 50mm F1.4Gは優れた解像力とコントラスト

PopPhotoにニコンAF-S NIKKOR 50mm F1.4Gのレビューが掲載されています。

Lens Test: Nikon 50mm f/1.4G Nikkor AF-S

  • 鏡筒の丈夫でしっかりした造り。フォーカスリングは十分な幅がありスムーズ
  • 光学テストでは優れた解像力と素晴らしいコントラスト
  • 歪曲は0.25%とこのクラスではやや多い
  • 周辺光量落ちはF2.8まで絞れば四隅でも解消
  • 旧型との最も大きな違いは1:5.89の撮影倍率で、最近テストした50mmの中で最も高い値
  • 旧型より220ドル高い分の価値があるかどうかは、耐久性や静かなAF、撮影倍率などの進化にどれだけの価値を感じるかによる

 

このレンズは旧型と撮り比べて見るとそれほど大きな違いがないという声もあるようですが、ここでのテスト結果は良好で、あまり派手さはないものの文句なしにいいレンズですね。

あと、旧型よりよい点は上に出ている点以外に、D60やD5000でAFが使えるということも大きいかと思います。

[関連記事]
Nikon AF-S 50mm F1.4Gはデジタル時代の新スタンダードに相応しい性能
ニコンAF-S 50mm F1.4G は絞り開放付近のボケ味が弱点
ニコンAF-S 50mm F1.4Gは旧型とよく似た描写

2009年4月25日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年4月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコン AF-S DX 35mm F1.8Gはハイコントラストで一般受けする描写」です。

次のブログ記事は「パナソニックのコンパクト型マイクロフォーサーズ機はライカとのコラボレーションになる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る