ニコンD5000(?)のコマーシャル撮影中の画像が掲載

Nikon RumorsにNikon D5000に関する続報が掲載されています。

More spy shots (Nikon D5000) (D5000の追加画像)
Got 3 more (Nikon D5000) (更に3枚の画像)

  • この写真が撮影された場所はクロアチアのドゥブロブニクで、恐らくニコンのコマーシャル撮影中の様子。これを第三者がD200で同じような場所から撮影したもの
  • この写真は昨日撮影されたもの

This is the real deal (Nikon D5000)

  • 読者がドゥニスブニクの地元のサイトのURLを送ってくれた
  • (サイトのGoolge翻訳によると)3日間にわたって歴史館のいくつかの場所でニコンの新しいカメラの広告撮影が行われた

Just some crops for comparison 

  • D5000はフラッシュの形状と、モードダイヤルボタンの項目数が異なっている
  • D40は12のモードだが、D5000は13のモードがある
  • 追加されたモードは「SCENE」と読める。残りは同一のようだ

 

地元のWebサイトにも掲載されているということなので、どうやらニコンの新型機の広告撮影が行われたのは間違いなさそうです。リークされている画像を見る限りエントリーモデルのようなので、D400ではなくD5000(と呼ばれてる機種)で間違いないようですね。

[関連記事]
ニコンD60後継機(D5000?)は可動式液晶ディスプレイ搭載で4月14日発表?
Nikon D5000はバウンス撮影可能な内蔵ストロボを搭載?
Nikon D60後継機はD5000になる?

2009年4月 7日 | コメント(6)

コメント(6)

毎度恒例の「たまたま遭遇しちゃった」ってヤツですね。
そんな都合良く新機種の撮影現場に出くわしますかね~。このアングル(見上げて撮っている写真)じゃ投稿者本人が写ってますがな(笑

うにさん
コメントありがとうございます。

私も偶然にしては出来すぎだと思います。地元サイトとかに意図的に情報を流してリークさせたような感じですよね(^^;

欧米では意図的に情報をリークするのは一つの宣伝手段で結構使われていますね。撮影はクロアシアのDubrovnikですが、サンプル写真を撮るには絶好の場所のように思います。知られていない割には歴史的な建造物が素晴らしいところですから。これを考えてこれは信憑性が高いと予測しています。

Golf Bumさん
コメントありがとうございます。

意図的リークだとすると、これだけあちこちで取り上げられていればニコンとしては大成功ですね。

この画像は撮影地といいモデルといいバッチリ決まりすぎているので、さすがにフェイクということはなさそうですね。

このスパイショットの写真の Exif情報を見てみると、興味深いです。

More spy shots (Nikon D5000) の撮影カメラは Rollei dk4010
http://www.dpreview.com/news/0411/04112303rollei_dk4010.asp
撮影日時は 2004:01:01 03:12:38他
これは日時設定をしないまま撮ったのですね。(意図的にかも?)

次の Got 3 more (Nikon D5000) の撮影カメラは NIKON D200
撮影日時は 2009:04:05 18:05:05他

コマーシャル撮影スタッフを撮った This is the real deal の撮影カメラは NIKON D60
撮影日時は 2009:04:04 12:09:46他
Photoshop 3.0を使って、2009:04:05 11:44:22 に編集している。

つまり、
このスパイショットの撮影者は、少なくとも 4月4日12時から4月5日18時まで、被写体の人々と行動を共にしていたという事で、行きずりにこのシーンを目撃したのではないという事です。
それらの撮影の途中で Photoshop を使って編集ができる状態にあった。
少なくともニコンを主力に3台のデジカメを所有している。あるいは、撮影者が複数であった。
以上から明らかになる事は、このリーク記事の投稿者はニコンスタッフの一員である、ということですね。よくある話しです。 (^_-)

Chubouさん
コメントありがとうございます。

Exifまでは見てませんでしたが、面白いですね。

でも、ニコンの話題作りだったとしてもこの話題ですいぶんと楽しめましたので、こういう意図的なリーク(?)みたいなことなら歓迎したいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年4月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SONY 70-400mm F4-5.6G SSMは開放からくっきりした描写」です。

次のブログ記事は「トキナーAT-X 124 PRO DX (12-24mm F4)はライバルよりも優れた画質」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る