キヤノンEF35mm F2はしっかりした性能だがボケ味が残念

photozoneにEF35mm F2の15MP機(EOS 50D)による再テストが掲載されています。

Canon EF 35mm f/2 - Test Report / Review

  • 歪曲は0.75%の軽微なタル型で、実写では問題ない
  • 周辺光量落ちは、APS-CでもF2開放で1.1EVとかなり目立つが、F2.8まで絞れば無視できるレベルになる
  • 解像力は中央はF2開放からとてもよく(very good)、中程度まで絞れば素晴らしい値(excellent)になる。周辺部は絞りにかかわらずとてもよい(very good)。全体としてMTFはとても調和が取れている
  • 色収差は1.1px以下で大きな問題はない
  • ボケ味は残念なもので、特にハイライト部分に関してはよくない
  • 一番魅力的なレンズとは言えないかもしれないが、性能は概ねとてもしっかりしている。機械的には少し時代遅れなので、キヤノンはUSMとちゃんとしたフォーカスリングを備えたレンズにアップデートするべき

 

非常に古いレンズですが解像力はかなり高く、最新のデジタル一眼でも十分通用するレベルですね。ただ、ボケ味はかなりうるさいようで、この点だけは少々残念です。

あと、元記事でも言われていますが、このレンズは古すぎるので最新のデジタル対応レンズとしてぜひともリニューアルして欲しいですね。

2009年4月12日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年4月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ24-70mm F2.8 EX DG HSMは旧型より大幅に優れている」です。

次のブログ記事は「スウェーデンのカメラ店にNikon D5000のキャンペーンのお知らせが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る