EOS KissX3の色再現性と高感度ノイズは秀逸な性能

ePHOTOzineにキヤノンEOS 500D(Kiss X3)のレビューが掲載されています。

Canon EOS 500D first look Digital SLR

  • AFは非常に早く迷いなく合焦するが、ライブビューでは劇的に遅くなりかなり迷う傾向
  • 色再現性はとても良好で、木々のグリーンや大地にブラウンは好み
  • RAWではディテールの描写は良好で、JPEGよりもよりコントラストが高くおだやかなシャープ処理だが、DIGICも十分な処理でJPEGもRAWに匹敵する
  • ノイズは非常に少なく、ISO6400にいたるまで良好な結果。ISO1600以上ではノイズが見え始めるが問題のないレベル。ISO12800も思っていたより穏やかなノイズだが、ディテールは失われる
  • 色再現性と高感度ノイズの性能は秀逸

 

EOS 50DではRAWとJPEGでかなり画質差があると言われてきましたが、この記事によるとKissX3のRAWとJPEGの差は思いのほか小さいようです。確かに、JPEG撮って出しの画質は50Dよりもよくなっているようですが、DIGIC4らしいフワッとしたソフトな感じは残ってますね。

ノイズに関しては非常に優秀で、ISO1600くらいまでなら普通に使えそうです。ただ、あまり感度を上げると細かい部分のディテールは塗りつぶされてしまいますが・・・

2009年4月24日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年4月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トキナーAT-X 16.5-135 DXのレビューが掲載」です。

次のブログ記事は「ニコン AF-S DX 35mm F1.8Gはハイコントラストで一般受けする描写」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る