ペンタックスのフルサイズ機は当分なし(米国ペンタックス社長談)

米国ペンタックスの社長であるNED BUNNELL氏がブログでペンタックスの新機種やフルサイズ機に関する記事を書いています。

Op-Ed thoughts by the Spa

  • 正方形フォーマット機とフルサイズ機???日本の幹部によると、今年の夏に発売されるモデルはK20Dの進化版。そして我々は2010年の発売に向けて645Dの開発を再開する
  • フルサイズ機に関しては、近い将来の発売は難しい。新機種はフルサイズがよいという仮定の議論については、フルサイズ機でどのレンズを使おうとしているのか考えてみて欲しい
  • 現在、フルサイズ機を使っている人なら、誰でも、まともな性能レンズはとても高額なことを知ってるはず
  • フイルム用に設計された多くのレンズは歪曲や周辺部の解像力がフルサイズでは不足している。ごくわずかのDAレンズしかフルサイズはカバーできないし、お気に入りのFA31mm LimitedのようなすばらしいFAレンズでさえ、光学性能が及ぶかどうかは確信がない
  • フルサイズ機を作るということは新しいカメラを設計するだけでなく、要求される光学性能に応える新しいレンズのラインアップを作るということでもある
  • フルサイズ機の市場はあるがそれは現時点では小さく、ユーザーはトータルコストがかかるため、大多数は未だにAPS-Cかフォーサーズ
  • フルサイズ機を使っても多くの人の写真が劇的に進歩するとは思えないし、APS-Cがスイートスポットだと思う

 

原文は結構長い文章ですが、適当にかいつまんでまとめてみました。内容的には、「フルサイズを作ると高性能な新レンズも揃えなきゃならないし、市場も小さいので、今のところフルサイズはださないよ」ということのようです。

当面は645Digitalに注力ということになりそうですが、その後でもいいのでぜひフルサイズ機は出して欲しいものですね。同時により高性能な新FAレンズもお願いしたいところです。

それから、ペンタックスの新型機が正方形フォーマットのAPS-Hだという噂に関しては、(誰も信じていなかったかもしれませんが)完全に偽情報ということが確定したようです(^^;

2009年4月28日 | コメント(8)

コメント(8)

フルサイズは当分ないということはちょっと残念ですけど、しばらくはAPS-Cでいくということが確定なら次機種を躊躇なく買えますね。レンズ資産もそのまま使えますし。
でも強く待ち望んでいるファンには絶望的な情報ですが・・・

まじめなペンタの誠実で現実的なコメントといったとこでしょうか? 高額なレンズを買って周辺部がガッタガタとかだったら最悪ですもんね。

いずれにしても撮影素子の進化のスピードにレンズのリニューアルはなかなか追いつけないのは各社共通の悩みではないでしょうか・・・・

てばまるさん
コメントありがとうございます。

フルサイズ機がしばらく出ないのは残念ですけど、逆にK-7やDAレンズを安心して揃えられるというメリットもありますよね。

123さん
コメントありがとうございます。

誠実というより馬鹿正直という感じがしないでもないですが、そこがペンタックスらしいというか・・・

20MP以上のフルサイズだと広角・標準ズームが特に苦しいですね。文句のない写りなのはニコンのナノクリズームやソニーのT*くらいではないでしょうか。キヤノンは設計が古いですし・・・

レンズの設計自体は難しくないと思います。職人技がどこまで必要なのかどうかは知りませんが、望んだ光学性能を入力すればコンピュータが勝手に設計してくれます。

問題は、現状の製品が売れなくなる以前に新レンズを開発するお金がないという…

投資コストの回収が可能なら、開発も発売も問題ないと思います。
フルサイズの市場規模とペンタックスのシェアから見て、それは到底見込めないというのがネックではないかと。

うにさん
コメントありがとうございます。

>問題は、現状の製品が売れなくなる以前に新レンズを開発するお金がないという…

レンズ開発の資金がないというより、あまり儲かりそうもないので株主や偉い人からのGoサインがでないのではないかと思います(あくまで想像ですが・・・)。

kfさん
コメントありがとうございます。

確かに、現状ではレンズまですべてリニューアルするとなると、フルサイズの投資コストをすぐには回収できないような気がします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年4月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックDMC-GH1の高感度のサンプルが掲載」です。

次のブログ記事は「ニコンD5000はこれまでのエントリー機とは次元の異なるカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る