ソニーα230、α330、α380は今週中に発表?

Photography Bayにソニーのα230、α330、α380の発表日やスペックに関する噂が掲載されています。

More Sony DSLR Leaks

  • ソニーのα230、α330そしてα380が来週(※この記事の公開時点で今週です)に発表されると思う
  • α330とα380の可動式液晶モニタは、残念なことに旧型とほどんど同じように見える
  • 画素数も旧型と同じようで、α230とα330は1010万画素、α380は1420万画素のようだ
  • 最高感度は、たったのISO3200まで(少なくともα380は)
  • グラフィカルディスプレイは一新され明快になったが、これらの機能はニコンやキヤノンでは1~2世代前の機種で実現されている
  • その他にHDMIポート、ダイナミックレンジオプティマイザ、40分割露出、スマートテレコンバーター(デジタルズーム)を搭載

 

他のいくつかのサイトでもこの3機種が今週中の発表という情報が出ているので、今週中に発表される可能性は高そうですね。

スペックに関してはここではかなり辛口な評価になっていますが、確かに、今出ている情報がすべてだとすると少々地味なモデルチェンジという印象ですね。

2009年5月11日 | コメント(4)

コメント(4)

>α330とα380の可動式液晶モニタは、残念なことに旧型とほどんど同じように見える

そうは見えません。
ニコンのD5000と同じように見えます。

α3xxシリーズは、メニュー操作などの反応が少々鈍く、
直感的操作に問題があったので、その点が改良される
ならカメラとして大事なことだと思います。
ISO3200なら、裏面CMOSはまだのようですね。

あるふぁさん
コメントありがとうございます。

二軸式の稼動モニタになるということでしょうか。下にα380と同じようなアングルのα350の写真がありますが、私には正直、モニタの違いがよくわからないです。

http://journal.mycom.co.jp/photo/articles/2008/03/04/a350/images/039l.jpg

Anonymous(5月11日17:37)さん
コメントありがとうございます。

操作性の向上はスペック的なアピールはあまりないですが重要なことですよね。派手さはないですが堅実な改良でいいことだと思います。

裏面CMOSはα800(?)から投入でしょうかね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2009年5月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-620のダイナミックレンジは下手なAPS-C機よりも優秀」です。

次のブログ記事は「EOS-1D MarkIV は1600万画素のフルサイズ機になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る