ニコンD5000はバリアングルモニターだけでも買う価値のあるカメラ

日経トレンディネットにニコンD5000のレビューが掲載されています。

【動画付き】デジタル一眼、ニコン「D5000」は可動式液晶の使い勝手で買い!

  • 液晶モニターは2.7型とやや小さく、解像度も23万ドットと主流の92万ドットタイプと比べれば粗さが目立つ。同じスペックのオリンパスE-620の液晶モニタに精細さでやや見劣りするのは残念
  • ライブビューのAFはコントラストAFのみで、合焦は高速だが、位相差AFは持たない
  • 動画は撮影中のピント合わせはマニュアルのみで、動いている被写体にピントを合わせ続けるのは難しい。内臓マイクには指向性がないため、周囲の音を拾いやすい
  • 画質はD90などと同じような自然な発色で、レンズにもよるが描写はシャープ
  • 高感度はノイズやノイズ軽減処理は気になる感じはなくISO1600程度の高感度も常用範囲
  • 連写は数値以上にD90にレスポンスのよさを感じ、光学ファインダーは視野率が下がり、倍率がずいぶん違う。この2点はコストダウンが顕著に現れている
  • D90とどちらを選ぶか迷うが、バリアングルモニターだけでも買う価値があるカメラ

 

サンプルはレンズのせいか解像感はそれほど高くありませんが、コントラストや色のりは良好ですね。動画に関しては撮影中のAFがまったく使用できずないということで、KissX3以上に使い勝手が悪そうです。もし、動画が主な目的ならGH1などの別のカメラも検討したほうがよさそうです。

2009年5月 2日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年5月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS KissX3は順当なマイナーチェンジだが、X2ユーザーが買い換えるほどの動機は見当たらない」です。

次のブログ記事は「ソニー70-400mm F4-5.6 SSM Gはボケ味が悪いのが欠点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る