キヤノンEF70-200mm F4L ISはスバ抜けた性能のレンズ

photozoneにキヤノンEF70-200mm F4Lのフルサイズ機(5D MarkII)でのレビューが掲載されています。

Canon EF 70-200mm f/4 USM L IS (full format) - Review / Test Report

  • 歪曲は70mmでわずかなタル型(0.87%)で135mmと200mmでは穏やかな糸巻き型(0.93%と1.56%)。単焦点レンズと比較すると若干劣る
  • 周辺光量落ちは開放で1EV前後で、大きな問題はない。F5.6まで絞るとおおむね無視してよいレベルになる
  • 解像力はAPS-Cではこれまでテストしたズームレンズでベストの結果だったが、フルサイズでも疑いなく同じ結果。中心部は開放から最高の解像力(excellent)で、周辺と四隅はとてもよい解像力(very good)。これは、ズームレンズとしては驚くべきこと
  • 色収差はピークで0.9ピクセル前後で素晴らしい性能。実写では心配ない
  • ボケ味はとてもよいが、EF135mm F2L のようなトップクオリティのレンズと同じレベルではない
  • APS-Cでは本当にズバ抜けた性能だが、フルサイズでも画質の劣化は軽微で、驚くべきレンズ。価格が高いのが唯一の欠点

 

キヤノンユーザーの間では"神レンズ"と言われることもある評判のよいレンズですが、ここでも大変に高い評価になっています。画質的にはフルサイズでもまったく問題なく、欠点はL単と比べるとボケ味が若干劣っていることくらいのようです。

価格に関しては国内では11万円くらいなので、ISが付いていることを考えれば、コストパフォーマンスは悪くないと思います。

2009年5月 1日 | コメント(8)

コメント(8)

これのIS無しも結構人気ですよね。中古価格もこなれてきているのでお買い得なのですが、その分売っているのを探すのが大変です。すぐに売れちゃうんですよねぇ。

もし将来フルサイズでポートレート撮るとしたら個人的には絶対に外せないレンズだと思います。F2.8ズームの巨大さと価格を考えればこれがベストです。他社は何故かF4通しのこの位の焦点域のレンズ出しませんね?
ちなみに今ミノルタの古い70-210F4を使ってますが中古で1万ちょっと(笑)ということを差し引いても馬鹿に出来ない写りで楽しめてます。

IS付いて逆光にも強くなりましたよね。キャノンを使う理由となっています。小三元の中でもこのレンズは別格じゃないかと。

うにさん
コメントありがとうございます。

IS無しのほうは中古で5万円台で手に入りますからね。コストパフォーマンスは抜群だと思います。少し前まではフジヤカメラあたりに結構豊富にタマがあったんですが、そういえば最近あまり見かけなくなったような気がします。

Anonymous(5月1日14:36)さん
コメントありがとうございます。

このレンズはキヤノンで望遠ズームを買うなら外せないレンズですよね。光学性能もF2.8のほうより優秀ですし。

>今ミノルタの古い70-210F4を使ってますが中古で1万ちょっと(笑)ということを差し引いても馬鹿に出来ない写りで楽しめてます。

古いレンズでも、たまに、デジタルでも驚くほど優秀なレンズがありますね。中古で安く買った場合はすごく儲かった気分になります(笑)

カンズ芽さん
コメントありがとうございます。

このレンズは、ISが付いて枚数が増えたにもかかわらず、逆光に強くなって、解像力も一回り上がっているんですよね。

小三元でも他の2本はそれなりの性能で他の選択肢もあると思いますが、このレンズだけは代わりになるレンズがないですね。

ニコンもナノクリで「小三元レンズ」作ってくれないかな。
そうしたらキヤノンから移行したいです。

來須さん
コメントありがとうございます。

ニコンのナノクリ小三元が出たらすごく性能がよさそうな予感がします。そうなれば、私もキヤノンからニコンに移行してしまうかもしれません(^^;


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年5月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヤマダ電機の4月21~27日のデジタル一眼売れ筋ランキングではオリンパス・パナソニックが健闘」です。

次のブログ記事は「EOS KissX3は順当なマイナーチェンジだが、X2ユーザーが買い換えるほどの動機は見当たらない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る