パナソニック開発陣のインタビューが掲載「今後は中・上級者向けにもラインナップを広げる計画」

BCNランキングにパナソニックGH1開発陣のインタビューが掲載されています。

新しいデジ一眼の楽しみ方を目指したパナソニックのムービー一眼「GH1」の狙いは?

  • 独自調査では動画撮影が欲しい消費者が30%で、トップクラスのニーズ。カメラ付きケータイの利用動向と同じことがデジカメでも起きるとの読みもあった
  • コントラストAFは明暗差がない被写体や暗い場所に弱いが、GH1は画像処理を行いコントラストをはっきりさせることで、フルタイムAFを可能にした
  • AVCHD対応はAV機器との連携という狙いがあり、撮った映像を身近なテレビやレコーダーで楽しめるという便利さは他社にはない
  • 一眼レフは作品、ビデオカメラは記録ということで住み分けはできる
  • 今後はGH1のような初心者向けだけではなく、中・上級者向けにもラインナップを広げていく計画

 

最後の「中・上級者向けにもラインナップを広げていく計画」の部分が一番気になりますね。パナソニックは現在、コンパクト型のマイクロフォーサーズ機を開発中と噂されていますが、マニア向けの機種も開発するようで、オリンパスの製品展開と併せてマイクロフォーサーズ関連の楽しみが増えますね。

2009年5月20日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年5月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック LUMIX G VARIO 7-14mm F4は非常にシャープで性能のいいレンズ」です。

次のブログ記事は「PENTAX K-7を海外で正式に発表 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る