シグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DGはフルサイズでの周辺光量落ちが弱点

SLRGearにシグマ12-24mm F4.5-5.6 EX DGのレビューが掲載されています。

Sigma 12-24mm f/4.5-5.6 EX DG Aspherical HSM (Tested)

  • 解像力はズーム全域でほどほどで、絞ると、いくらか解像力が向上するが大きくは向上しない
  • APS-Cでは12mm-15mmで解像力に不均一な部分がある。17-20mmではこの問題は解消するが、ここでは四隅が甘くなる。24mmではどちらの問題も発生しないが四隅は若干甘い
  • フルサイズでは、12mmでの周辺部は驚くほど甘く、15-17mmではほどほど、20-24mmではもう少しよくなる
  • 色収差は非常によく補正されており、フルサイズでも良好
  • 周辺光量落ちはAPS-Cでは非常に軽微だが、フルサイズでは12mm開放で-2.25EVで周辺部が真っ暗なり、F11まで絞っても目立つ。フルサイズで使うなら後処理で修正するのに時間がかかるだろう
  • 歪曲の値は注目に値するほど小さく、12mmではAPS-Cで0.4%のタル型、フルサイズで0.5%のタル型
  • 非常にシャープなレンズではないが、色収差や歪曲は非常によく補正され、しっかりした性能のレンズ。周辺光量落ちなどのいくつかの問題があるが、総合的な印象は良好でフルサイズでも超広角を楽しむのは困難ではない

 

周辺部の画質が甘い、周辺光量落ちが非常に大きいなど、いくつかの問題があるレンズですが、フルサイズで12mmスタートの超広角ズームは他に選択肢がなく、12mmが必要な人にはそれだけで価値があるレンズと言ってもよさそうです。

管理人はこのレンズを購入しようと思ったことがあるのですが、店頭で見てあまりの大きさに驚いて、結局APS-C専用の広角ズームを買ってしまいました(^^;

2009年6月17日 | コメント(3)

コメント(3)

こんばんは。いつも参考にさせてもらってます。
建築・室内の撮影にこのレンズを常用しています。
EOS5D2での使用ですが、このレビューにあるとおりのレンズです。キヤノンのワイドズームより、歪曲と色収差がきちんと補正されていて使いやすいです。周辺光量落ちはフォトショップで修正しています。
解像力はたしかにほどほどで、周辺まで画質を求めると、絞りはf11固定で使うしかありませんね。12mmの周辺はちゃんと解像していませんが、それでも12mmが必要な時があるので手放せません。
このレンズの欠点は、画面外からの光で派手なゴーストが出ること。ハレ切りは必須ですから、三脚使用が前提になります。
私の使用個体は良いのですが、かたボケする個体もあるようです。組み立てが難しいレンズなのかなと思います。
17mmのシフトレンズが出たので、このレンズの出番が減りそうです。

TSURUさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
 
使いこなすのはなかなか大変そうなレンズですね。とはいえ、このレンズはフルサイズでは代わりになるレンズがないので、欠点があってもなお、とても価値があるレンズですね。

TS-E17mm F4Lは、かなり期待できそうなレンズですね。広角に弱いと言われているキヤノンの本気が見られるのではないかと楽しみなレンズです。

2010年の春に購入しましたが、『良いレンズ』ですね。

常識を超える画角、しかもズームですから期待ソコソコに使えなかったら売ってしまおうという取り組みで接しましたが、手放せない状態です。

解像力はそこそこですがDxOと組み合わせることによりこのレンズの欠点のいくつかが解消されます。しかし6.2にバージョンアップしてから、周辺光量を補正しすぎるせいか、完全自動処理にすると中央部が暗くなる現象がみられます。もっともすぐに直されるでしょうけど。

それほど高くないし、買ってダメならオークションという取り組みで、まず試してみることです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年6月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-P1のサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「オリンパスが超広角ズームと高倍率ズームを開発中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る