ライカがマイクロフォーサーズ用交換レンズを開発中?

Olympus and Panasonic rumorsにライカの動向に関する噂が掲載されています。

(FT 4) Leica to join the MicroFourThirds world with his lenses!

  • 二つの異なる情報源によって、ライカはマイクロフォーサーズ機を発売しないことが確認された
  • しかし、ライカはパナソニックと特別なマイクロフォーサーズ用の交換レンズを開発することで同意したようだ
  • 双方の情報源ともこのレンズは非常に高価で、驚きの価格になると言っている
  • スケジュールの情報もあり、2009年第4四半期、または、2010年第1四半期に最初のライカ製マイクロフォーサーズレンズが登場するだろう
  • レンズがどのようなスペックになるのかは情報がない

 

マイクロフォーサーズ用交換レンズの選択肢が増えるのは大いに歓迎したいところですが、ライカブランドでしかも"非常に高価"となると、残念ながら管理人には手の届かないレンズになってしまう可能性が高そうです(^^; 

レンズのスペックに関しては今のところ不明ですが、驚きの大口径レンズになるのか、特殊な焦点距離になるのかなど、想像すると(実際には購入できないとしても)楽しみではありますね。

2009年6月26日 | コメント(2)

コメント(2)

たしか、ライカは、ボディ内収差補正を、
良しとしないところがあるので、
m43レンズはライセンスを受けれなかったと言っていたので、
出すとしたらボティ内補正強制オフで、
見栄えのする画質を狙うのかな(もしくは収差を楽しむレンズ?)
コシナノクトンに対抗意識を燃やして、ノクチ17mm/f1とか?
お手頃な沈胴テッサーとかのほうが人気出そうなのに。

>ふゆっき。さん
コメントありがとうございます。

パナソニックがマイクロフォーサーズでライカブランドを外してきたのはそういう理由があったんですね。この話が事実としても、あまり正統派なレンズは登場しないような気がします。17mm F1.0などは本当にありそうな感じですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年6月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS Kiss F後継機が6月30日に発表される?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムS5Pro後継機は2009年中は登場しない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る