ニコンAF-S Nikkor 70-200mm F2.8G ED VR II はナノクリスタルコートを採用?

Nikon Rumorsに新型の70-200mm F2.8Gの詳細なスペックが掲載されています。

AF-S Nikkor 70-200 mm f/2.8G ED VR II details

  • 新型のニコン AF-S Nikkor 70-200mm F2.8G ED VR II のスペックは次のようなものになるだろう
  • 手ブレ補正はVR II
  • ナノクリスタルコート採用
  • 新型のより高速なAF
  • 重さは1540gで現行モデルよりも70g重い
  • 長さは209mmで現行モデルよりもわずかに短い
  • 最短撮影距離は1.4m(現行モデルは1.5m)
  • フィルター径は77mm(現行モデルと同じ)

 

新型の70-200mm F2.8Gはナノクリスタルコート採用ということで、これまでのナノクリズームの例(14-24mm F2.8や24-70mm F2.8)から考えてかなり高性能なレンズに仕上がっている可能性が高そうです。この情報が事実なら、ニコンのナノクリ大三元ズームが完成ということになりますね。

2009年7月29日 | コメント(5)

コメント(5)

ん~昨年買ったばかりで
かなり無理して買ったので
買い換えられませんが
ナノクリって結構有ると無いとじゃ違うらしいですね
その前に、今のレンズをまだ生かし切れていないので
これ買う金があったら
腕を磨くことと
D40卒業して、D300SかD700などに移行したいです

うーん新ナノクリ大三元ついに完成ですか。
しばらくの間君臨しそうですね。
性能は文句無しでしょうが価格と重さが恐ろしいですね(汗
より軽い方向へシフトしてる自分にはまず縁は無さそうです。

コメントありがとうございます。
 
>ゴマさん
昨年から使っていたなら、シャッターチャンスの分で、もう十分元は取れたのではないでしょうかね。新型は値段も上がるでしょうし。
D40はとてもいいカメラですが、70-200mm F2.8クラスと組み合わせるなら、やはりD300クラスのカメラが欲しくなりますよね。
 
>123さん
ニコンにナノクリ望遠ズームまで出されてしまうと、正直キヤノンが心配です(^^;
重さは微増といったところですが、価格はどうなることでしょうね。私も最近は体力が落ちているので小型軽量のマイクロフォーサーズとかにシフトしそうです(笑)。

>管理人さん
大三元は魅力ですが、F4のナノクリ小三元でも出された日には…
そうしたら、あまりレンズ資産もないのでニコンに鞍替えしようかな。

フィスさん
コメントありがとうございます。
 
小三元はキヤノンの最後の砦ですよね。
70-200mm F4L ISの代わりになるようなレンズがニコンから出たら、私もニコンに行ってしまうかもしれません(^^;


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年7月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アマゾンのサイトでキヤノンEF35mm F1.4L のディスコンが確認?」です。

次のブログ記事は「タムロンSP AF 60mm F2 Di II MacroはAPS-C専用なのが惜しいくらいの傑作マクロレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る