キヤノンEF-S60mm F2.8 Macroは絞り開放から驚くほどの解像力

LentsTip.comにキヤノンEF-S 60mm F2.8 Macro USMのレビューが掲載されています。

Canon EF-S 60 mm f/2.8 Macro USM lens review

  • 中央部の解像力は絞り開放から40lpmmに達し、大変な高画質。F4-5.6まで絞ると解像力は45-46lpmmに達し、比較になる相手が存在せず、驚くほどシャープ
  • 周辺部の画質は絞り開放で35lpmmを超えるレベルで、他の多くのレンズでは中央部でさえこのような値はでない。絞ると更にシャープになり、解像力はほぼ40lpmmに達する
  • 色収差は絞り開放付近では小さいが、絞ると大きくなり、小さい~中程度の間のレベルになる
  • 歪曲はわずかなタル型だがほとんどゼロで、実使用では気が付かないレベル
  • 周辺光量落ちは開放で-1.38EV(38%)と大きく、テストだけでなく実写で目立つレベル。幸いにもF4まで絞れば18%まで減少し、F5.6ではほぼ完全に消失
  • ゴーストフレア耐性はあまりよくないが、それほど極端に目立つわけではない。AFは静かで高速、そして非常に正確
  • マクロ用としてもポートレート用としても素晴らしいレンズ

 

EF-Sレンズのため、ニコンの60mmと違ってフルサイズ機で使えないのが最大のウィークポイントですが、APS-Cに特化した分、軽量コンパクトなので、当面フルサイズに移行する予定がないユーザーには、よい選択肢になりそうです。光学性能的には絞り開放から素晴らしくシャープで、非常に高性能なレンズですね。

ただ、このレンズよりも1段明るく、価格も比較的リーズナブルなタムロンの60mm F2マクロも発売されたことなので、純正とタムロンで選択に迷う人も多いかもしれませんね。

2009年7月 4日 | コメント(2)

コメント(2)

EF-S60mm F2.8 Macroは、ラグビーボールのような口径食に萎えてしまいます。
この結果、写り自体は良かったと思いましたが、口径食が気に入らず手放しました。

通りがかりさん
コメントありがとうございます。

絞り開放でのサンプルを見ると、確かに周辺部のボケがラグビーボール型になってしまっていますね。MTFでは非常に高性能なレンズだけに、これは、少々残念な点です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年7月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーGR DIGITAL III の発表は夏真っ盛りの頃になる?」です。

次のブログ記事は「ニコンD3000、D300s、D700x、D3sに関する予測が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る