リコーGR DIGITAL III の発表は夏真っ盛りの頃になる?

Photo of the DayにリコーGR DIGITAL II 後継機に関する噂が掲載されています。

あの新製品が近々、かも

  • GR DIGITALの新型が近いという噂が聞こえてくるが、その話にはどうも信憑性があって気になっている
  • 発表のサイクルからすると、次期モデルのGR DIGITAL III は今年、2009年の秋ごろになるはずだが、それがどうも違っていて、発表は夏真っ盛りの頃になるという
  • 予想だが、カメラのスタイリングはほとんど変化なく、液晶モニターが92万ドットになる。レンズは28mmの単焦点だが、サプライズがあるかもしれない
  • 画質は相当よくなるはず。手ブレ補正は欲しいが薄型を優先させるとムリかも

 

ここのところ、高級コンパクトの中ではE-P1やDP2などの話題の影に隠れて少し目立たない存在になっていたGR DIGITAL II ですが、今年の夏に後継機が発売ということで事実ならとても楽しみですね。

レンズのサプライズというのが何なのか気になりますが、噂ではリコーがレンズ交換式のコンデジを開発しているなどという話(ソースは忘れてしまいましたが・・・)も一部で出ていたので、GR DIGITAL III がレンズ交換式というサプライズがあればインパクトがあって面白いと思うのですが・・・

2009年7月 3日 | コメント(6)

コメント(6)

詳しい内容は聞いてませんでしたが、リコーの開発関係者の人から、秋くらいに新しいのが出るというのは聞いてました。
内緒だよってことで、黙ってました。
夏に早まったのかな。

出ると聞いていながらも、安かったので我慢できずにGR DIGITAL IIを買ってしまいました。^^;
Ⅲが出たら買いますけどね。

これがレンズ交換式だと面白いですね〜
CCDのサイズはまぁ別として、あのコンパクトさでまた色々遊べますね。
もっともレンズ交換によりゴミの混入は怖いですが。
あのサイズでゴミが入ると...
でもちょっとペンタのAUTO110を思い出しました。

レンズ交換式E-P1よりも
一つの高品位レンズが搭載された
GRデジタルの方が
十分意味あると思うよ。。
使い勝手などは、
GX系でいろいろ煮詰めてきているから
楽しみですね☆
実質ライカ版20mm相当になる
ワイドコンバージョンは必須アイテムですが、
更に15mm相当になる
スーパーワイドコンバージョンがほしいなぁ~☆
GRの長いライフサイクルこそ
信頼に価すると思いますね。

コメントありがとうございます。
 
>内緒さん
ハイエンドコンパクトのライバルがあまり増えないうちに先に出してしまおうということなんでしょうかね。
デジカメは欲しいときが買い時だと思いますので、欲しくなったら躊躇せずに買ってしまうのが最良だと思いますよ。モデル末期なら価格もこなれているので、後悔もしないと思いますし。
 
>aiya55さん
AUTO110のような小さいレンズを付け替えて撮るコンデジがあったら、実用性はともかくとして、とても楽しそうですね。ただ、極小センサーにゴミが入ったら、画面全体を線が横切るようなことになりそうで恐いですが(^^;
  
>戸井亀さん
GR DIGITAL IIIはGX系の機能や操作系が取り入れられて、かなり洗練されたものになりそうですね。
私も超広角大スキ人間なので、スーパーワイドコンバージョンがもし出たらGR買いたいですね。GRシリーズならアクセサリを揃えても長く使えそうですし。

噂だと、CCDとレンズをユニット化して、
それごと交換だという話です。

ダストリダクションも不要。

もちろんデメリットもありますが、

合理的といえば合理的w

匿名さん
コメントありがとうございます。

CCDとレンズの一体化というのは、面白い発想で、ゴミ問題から完全に開放されそうですね。マウントサイズに余裕を持たせれば、レンズによってCCDサイズを変えるなどということもできそうです。ただ、交換レンズの値段が高くなってしまいそうなのが少々気になるところですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年7月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS Kiss F後継機は7月7日に発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF-S60mm F2.8 Macroは絞り開放から驚くほどの解像力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る