タムロンSP AF70-200mm F2.8は光学性能は優秀だが鏡筒の作りが弱点

LensTip.comにタムロンSP AF70-200mm F2.8 Di LDのレビューが掲載されています。

Tamron SP AF 70-200 mm f/2.8 Di LD (IF) MACRO - lens review

  • 中央の解像力はズーム全域で開放から30lpmm(基準となる値)を超え、絞ると40lpmmに達する。この結果は賞賛に値する。これはシグマの70-200mm F2.8と同等の性能で、70-135mm域では若干タムロンのほうが良好な値
  • 周辺部の解像力は開放から30lpmm(基準となる値)とクロスするレベルの良好な値で、ライバルよりも多少優れている
  • 色収差は70-135mmでは問題ないが、200mmでは絞ると0.12%(基準となる値は0.1%)を超える。しかし、シグマも同じような傾向でライバルと比べると悪くない
  • 歪曲は70mmで0.46%のタル型、135mmで0.36%のタル型、200mmで0.64%の糸巻き型で良好。シグマやキヤノンの70-200mmと非常によく似た結果
  • 周辺光量落ちは少なく、最も目立つ200mm開放で23%(-0.76EV)
  • ゴースト・フレア耐性はワイド側ではシグマと同等だが、シグマはテレ側でよくなるのに対し、タムロンはテレ側でもよくならない。135mmや200mmでも目立つ
  • 軽量だが鏡筒の作りはあまりよくなく、少々問題がある。AFは作動音が大きく、あまり正確ではない
  • ニコンやキヤノンの純正が高すぎる人で、メカ部分のクオリティより光学性能を重視する人はタムロンを選ぶといい。そうでなければ、シグマを買うべきというのが結論

 

解像力は中央部も周辺部も良好な値で、価格を考えると光学性能は二重丸と言っていいと思います。手ブレ補正が不要な人やボディ内手ブレ補正機を使っている人には、とてもコストパフォーマンスが高く、狙い目のレンズかもしれませんね。

しかし、本体はかなりやわな作りのようで、いくつかの問題点が指摘されているので、ハードに使うユーザーは耐久性の点から純正やシグマを考慮したほうがいいかもしれません。

2009年7月30日 | コメント(2)

コメント(2)

それでもEF70-200のF4 ISとか新しいハイブリッドが出るのを待つという選択肢を個人的に御奨めしたいです。

前者はF4ですが恐ろしい描写力を持っていますよね。
キャノンズームでは今ベストのクオリティのような気がします。

satoさん
コメントありがとうございます。
 
EF70-200mm F4 ISは素晴らしいレンズですよね。私は、最近はペンタックスも使ってますが、このレンズがあるのでキヤノンから離れられないです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年7月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンSP AF 60mm F2 Di II MacroはAPS-C専用なのが惜しいくらいの傑作マクロレンズ」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF70-200mm F2.8L IS II は9月に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る