キヤノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 ISは魅力のあるレンズとは言えない

PhotozoneにキヤノンEF-S 18-135mm F3.5-5.6 ISのレビューが掲載されています。

Canon EF-S 18-135mm f/3.5-5.6 IS - Lab Test Report / Review

  • 多くの高倍率ズームの典型で歪曲は18mmで4.2%の極めて大きなタル型。24mmでは歪曲は0.7%(タル型)とかなり小さくなり、それ以上の焦点域では1%前後の穏やかな糸巻き型
  • 周辺光量落ちは18mm開放で1.67EV、70mm開放で1.02EV、135mm開放で1.2EVでそれぞれかなり大きな値。問題を避けるために通常は少し絞るべき
  • 解像力は中央部は概ね問題はなくズーム全域で高い値だが、周辺部の画質は違う。18mmでは、四隅の甘さが顕著なので開放で使用するのは避けるべき。F5.6-F8まで絞れば四隅まで良好な描写になる
  • 35mmでは画面全体で良好な画質だが、70mmと135mmでは再び周辺部の画質が非常に悪化する。F8-F11まで絞れば改善はするが、四隅の画質はかなり悪いまま
  • 色収差は高倍率ズームとしては良好に補正されている。問題は最も色収差が目立つ18mmで1.2-1.5px。それ以外の焦点距離&絞りでは若干低くなり1px前後
  • EF-S18-135mmは、EF-S18-200mmよりは若干よいレンズかもしれないが、正確にはどちらも良いレンズとは言えない。解像力はジェットコースターのように変化し、18mmとズーム中間域から上では、周辺部が明らかに甘いので絞り開放付近を使うのは避けるべき
  • 魅力があるレンズとは言えず、このレンズがEOS 50Dよりも更にレンズに高い性能を要求するEOS 7Dとセットで販売されている(※日本国内では7Dとのセット販売はありません)のは本当に驚きだ

 

光学性能(Optical Quality)の評価は5点満点で2点と、最新のレンズとしてはかなり低い点数になっています。

MTFのグラフを見ると、望遠側での周辺部の解像力が非常に低く、特に70mmと135mmでは最近のレンズではあまり見ないような低い値です。便利ズームとは言っても最新のレンズなので、性能的にはもう少しがんばって欲しいところですね。

同時に発売されたEF-S15-85mmのほうは、かなり優秀なレンズのようなので、キヤノンとしては画質にこだわるユーザーには、こちらのレンズを使って欲しいということでしょうか。

2009年10月20日 | コメント(4)

コメント(4)

こうやって光学性能の評価を見ると、なんで造ったのか本当にわからなくなるレンズですね。
評価の低かった18-200を置き換えるにしても貧弱で、特にめぼしい新機構は何もありません。
高倍率で値段の安いレンズが欲しい人のため、とか、かなり狭めのニーズを満たすつもりで造ったんでしょうか?

個人的な意見を言ってしまうと、こんなレンズを作っている暇があったら、他のレンズのリニューアルを早くしてよ、というところです。

EF-Sは便利ズームあってもいいと思うんですよね。
んで、画質もそれなりでもかまわない。
その分、価格がこなれれば、ね。
18-55や55-250はそういう部分ではアリなレンズなんで。
もうちょい安ければ、初心者やKissユーザーに勧められるのにねぇ。。。。

18-55/55-250はキットレンズとしては相当優秀な部類ですね。なんで、50Dとかでのキット構成ないのか不思議なくらい。
国内ラインナップでの18-200キットというのもちょっとね。。。
キヤノンって高倍率ズーム苦手なんですかねぇ。
これならショップオリジナルのタムロン高倍率ズームとのキットの方が魅力的だよなぁ。

似たスペックのシグマの18-125mmレンズと比べると、
シグマは超音波モーター付でも実販で2万程円安いです。
キヤノンのこのレンズの画質が悪いとなると
僅かに明るい、軽い、それと純正ならではのAF性能といえど
何だか魅力が無いように思います。おまけにUSMではないし、
全長も望遠側200mm以上の高倍率ズームと変わりませんし。

Kissシリーズでさえ、性能がよくなってますから、
Kissと組み合わせるにも、力不足なんて言われるかもしれませんね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS-1D Mark Vのスペック(?)が掲載」です。

次のブログ記事は「EOS 1D MarkVは10月22日から開催されるPhoto Plus Expoで発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る