キヤノンEF16-35mm F2.8 L II の周辺部の画質にはがっかりした

LensTip.comにキヤノンEF16-35mm F2.8L II のレビューが掲載されています。

Canon EF 16-35 mm f/2.8L II USM - lens review

  • 中央部の解像力は、16mm開放で40lpmmに近く、35mm開放でも35lpmmの良好な値で問題ないが、中間域(25mm)では30lpmmと最も低い値(それでも比較的高い値)になる。F5.6ではズーム全域で44lpmmと極めて高い解像力でレコードに近い値
  • (APS-Cでの)周辺部の解像力は、2段絞らないと基準値の30lpmmに達せず、とてもがっかりした。望遠側の開放では、フルサイズ用のレンズだがAPS-Cでもかろうじて20lpmmを超えるレベル。周辺部の画質はF2.8-F4では許容範囲外
  • 色収差はワイド端とテレ端では0.08-0.09%で問題ないが、中間域では0.13-0.14%で目立つ
  • 歪曲は16mmで-2.51%のタル型で良好な結果
  • 周辺光量落ちはAPS-Cでは16mm開放で12%(-0.36EV)で問題ない。面白いことに望遠側にズームすると25mm開放で17%と周辺光量落ちが増える
  • ゴーストやフレアはズーム全域で目立ち、特定の焦点距離や絞りでは極めて目立つ。逆光耐性は高価なLレンズに期待していたようなレベルではない
  • テストではニコン14-24mmのほうがよい結果だが、重さではキヤノンにアドバンテージがある。コストパフォーマンス(価格性能比)は悪い

 

中央部の解像力は素晴らしく高いですが、逆に周辺部の解像力は、APS-Cでもかなり落ち込んでいて、高価なLレンズとしてはやや物足りない性能ですね。

このレンズは、発売時にはそれなりに評判は良かったと記憶していますが、ニコンの14-24mm F2.8が発売されてからは、相対的に評価が落ちてしまったような印象です。キヤノンにはニコンの14-24mm F2.8に対抗できるような、超高性能な広角ズームを作って欲しいものですね。

2009年10月 2日 | コメント(3)

コメント(3)

先代よりは良くなっていると思いますが、かなり厳しく書かれてますね。
こちらにもswcコーティングが間に合えば、逆光性能はより良くはなったんでしょうが、これは改良版を出せの含みもあるのかもしれません。
ただ、比較のニコンの14-24のサイズを考えると、こちらも先代よりはフィルター径が5ミリのサイズアップがされていますが、収差や画質向上には、さらに前玉を大きくする必要がありそうですから、実用性を考えると、どこまで追求するかですね。

個人的にニコンとキヤノンを比べると
中望遠・望遠・超望遠レンズと24mm単と35mm単はキヤノン
広角ズーム・標準ズームと24mm・35mm以外の単はニコン
にそれぞれ分があるなと感じています。

とはいえ17-40といい、16-35といい、キヤノンの広角単は値段の割に微妙な描写のレンズですね。
なんとしても16-35のリニューアルを急いで欲しいです。
あと、17-40が何故Lレンズか疑問に思います。

そういう私は、17-40と5D2を愛用しているわけですが・・・。

コメントありがとうございます。
 
>K2さん
II型が登場したときには、I型よりはだいぶ良くなっているという評判でしたね。ただ、周囲がどんどん進歩しているので、今のレベルだと厳しい評価になってしまうのかもしれません。
ニコン14-24mm F2.8は大きく重くフィルターも使えないので、実用性を考えると、ここまで大きくするかどうかは微妙なところかもしれませんね。
 
>Uさん
私もUさんとほぼ同意見です。キヤノンは望遠側はいいレンズが揃ってますが、標準ズームと広角ズームが少し弱いですよね。
私もEF17-40mm F4Lのユーザーですが、APS-Cならそれなりにいいレンズですが、フルサイズでは周辺部がかなり厳しいですね。このレンズもEF16-35とともにリニューアルして欲しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フランスニコンが10月15日のイベント開催を予告(D3Sの発表?)」です。

次のブログ記事は「シグマDP1のマイナーチェンジモデル「DP1s」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る