キヤノンが「EOS-1D Mark IV」を正式に発表

キヤノンが、EOSシリーズのプロ用モデル「EOS-1D Mark IV」を正式に発表しました。

キヤノン、10コマ/秒・ISO102400の「EOS-1D Mark IV」 (デジカメWatch)

  • APS-H1610万画素 CMOSセンサー
  • ISO100-12800、拡張で102400
  • デュアルDIGIC4
  • AFは45点、F2.8対応クロスセンサーが39点に増加
  • 連写は10コマ/秒
  • ライブビューはコントラストAF対応
  • 動画は最大1920×1080P 30fps 25fps 24fps
  • 液晶モニタは3型92万ドット
  • シャッターの耐久性は30万回
  • 大きさ:156×79.9×156.6mm
  • 重さ:1180g
  • 12月下旬発売
  • 価格はオープンプライス(店頭予想価格57万円前後)

 

様々な噂が飛び交っていた新型EOS-1Dですが、本当に発表になりましたね。公式サイトにはまだ掲載されていないようなので、デジカメWatchから引用しました。

名称は最近出ていた「V」ではなく、以前噂になっていた「IV」となっています。スペック的には連写は12コマ/秒や11コマ/秒と噂されていたものが、10コマ/秒になっていたり、1080p 60fpsだった動画が30fpsになっているなど、噂に出ていたものよりはややスペックダウンした仕様になっているという印象です。大きなサプライズはありませんでしたが、堅実な正常進化と言ったところでしょうか。

[追記]
キヤノンの公式サイトでニュースリリース&商品紹介ページが公開されました

幅広いISO感度設定に対応 AF性能を大きく向上させたプロ用デジタル一眼レフカメラ"EOS-1D Mark IV"

2009年10月20日 | コメント(9)

コメント(9)

はじめまして

現在1D2Nを使ってましたので、やっと出たかとホッとしました。

過剰なスペックにしてしまって、前回の様な事が起きない事を願ってます。

今度こそ頼みますよキャノンさん!

まだAPS-Hは残すんですね。
とりあえず冬のオリンピック用かしらん?
シャッター耐久30万回という数字は始めてかも?

内容は予想の範囲内でしたが、価格がサプライズでしたね。(苦笑)
マスコミが7DやD300にコストダウンしているみたいで、需要が減るのを見越して値上げかな?
内容は良いのですが、APS-Hのままで50万オーバーは、今時厳しいように思えます。
3D登場のためにランク格差を広げたと想像したいところですね。

>>1080p 60fpsだった動画が30fpsになっているなど

720のときは60P出来るようです。7Dと同じですね。

実は今日、銀座のキヤノンプラザに立ち寄ってきたのですが、早速Mk4が展示されていました。
余りに地味すぎて、最初は気付かなかったくらいですが、堅実な改良といえばいいのでしょうか。
7Dの新機構や操作形態は全然採用されておらず、これだったら「1DMk3N」と名付けてもいいのでは?という印象でしたね。

期待はずれのスペックでした。
現状では買い替えの必要なしですね。
下取り+20万以上の価値無しです。

どこのメーカーもなにか間違っていませんかね??
カメラとビデオを一緒にしても操作する人間の目的は
動画か静止画ですから。
静止画を究める方は動画を究めるのは無理また反対も同じことです。
目的が基本的に違いますから。
(まあ職業でしてる方は別ですが)
以前もビデオにカメラ機能を備えた機種がありましたが
いつの間にか消滅しました。
次の1Dsのスペックも見えてきた気がします。
残念です。
現在のPCのスペック、価格を考えると次回(2年後)の製品に期待します。

高くて手が出ない・・・ 私のようなアマチュアには7Dと5D2を買ったほうがお得なような気がしてきました ^^; もちろんプロ機なのでスペック・シート外での様々な進歩があるのだとは思いますが・・・ さてこれから1年、どんな新製品が出てくるのでしょうか? Kiss F, 1Ds, 60D, X4, 5Dm3, 3D ??

iFCLがなくてもサーボAF2出来るんですね。
ニコンのように、色情報使ってるわけではないのか。

ハイエンドへの動画や超高感度は報道関係で
重宝するらしいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS 1D MarkVは10月22日から開催されるPhoto Plus Expoで発表?」です。

次のブログ記事は「ペンタックスが2010年にフルサイズ機を発表する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る