ペンタックスK-xの高感度性能の良さには圧倒された

ePHOTOzineにペンタックスK-xのレビューが掲載されています。

Pentax K-x Digital SLR Review

  • バッテリーの消耗が非常に激しく、新品の単三型リチウム電池を4本用意したが過剰に使用していない(ただし、ライブビューは使用した)にもかかわらず24時間で使い切ってしまった
  • 色再現性は非常によく、チャートの主要な色は力強い。土のブラウンと、木々のグリーンのバランスは好みだ。ポートレートモードは、暖かい色で非常によくみえるが、セットしたホワイトバランスに干渉する。髪の毛のディテールや露出はとても良好
  • 感度別のノイズテストでは、画像は全ての感度で大変に滑らか。ノイズが目立ち始めるのはISO6400で、この感度では花びらのディテールが失われ始める。ISO12800では、まだ多少のディテールは残っており、このクラスのカメラでは驚異的。高感度性能が非常によいことに圧倒されてしまった
  • バッテリーの持ちが悪いのは問題だが、K-xはとても素晴らしいカメラ。古いペンタックスのレンズを所有していて、デジタルへの移行を考えている人にお勧め

 

ノイズテストでは、「高感度性能に圧倒された」「このクラスでは驚異的」という大変に高い評価になっています。確かにサンプルを見ると高感度ノイズは非常に少なく、ディテールの情報もよく残っているので、APS-C機としてはトップクラスの性能と言っていいかもしれませんね。

色再現性は素直で、低感度でのノイズも目立たないですね。やはり、ソニーの12MP CMOSセンサーはとても素性のいいセンサーのように感じます。

2009年10月15日 | コメント(3)

コメント(3)

画質がとても良さそうなだけに、スーパーインポーズなど一部機能が省略されてしまったのが残念ですね。
K-7との間を埋める機種がそろそろ欲しいところです。もちろんこのセンサーで。

100色ラインナップといい。高感度耐性が良ければ欲しくなってしまいますね♪
非常に魅力的です。

K-7にK-xのセンサーを載せてくれるだけで私は満足です。
ソニーの12MP CMOSセンサーは6MP CCDセンサー同様、素性の良い、息の長いセンサーになりそうですね。
なのに何故かαには載っていないと言う謎。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンAF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VRを発表」です。

次のブログ記事は「ペンタックスがα850クラスのフルサイズ機を開発中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る