ソニーの新型デジタルカメラの発表は11月18日で確定?

SonyAlphaRumorsと4/3rumorsにソニーの新型機の発表に関する噂が掲載されています。

(SR5) November 18th Sony's presentation about broadcast solution (SonyAlphaRumors)

  • 11月18日の発表は事実だった!ソニーは新しい"放送機器"を発表する
  • ソースはFujiSankei Business i.
  • 我々のソースが言ってきた11月18日の噂は正しかった。パナソニックGH1の対抗機になるだろうという話も正しいのだろうか?
  • "放送機器"というのはミラーレスデジタルビデオ/フォトハイブリッドカメラの発表のようには聞こえないが

(FT5) Sony to announce a new broadcast solution on November 18! Competition for the GH1 coming? (4/3rumors)

  • ソニーが新しい放送機器を発表する!GH1対抗機が発表されるのか?
  • 新型のミラーレスなのか?または、ただのビデオカメラだろうか?

(※リンク先に掲載されている新型機の画像はフェイクです)

 

SonyAlphaRumorsと4/3rumorsがソニーの11月18日の発表に関してSR5・FT5(=確実)の太鼓判を押しました。

ただ、ソースはFujiSankei Business i.のビジネス予定ですが、リコーGXRの発表のときとは違って、新型デジタルカメラの発表と書いてあるわけではなく「放送機器事業説明会」と書いてあるので、これが本当に新型ミラーレス機の発表かどうかは少々疑問です。

いずれにしてもあと2日なので、本当に発表されることを信じて楽しみに待ちたいと思います。

 

2009年11月16日 | コメント(8)

コメント(8)

 な~んだか、業務用の放送機材の新発表みたいな感じが……。

 これだけカメラの新機種の期待を膨らませさせて、仮に全くの的外れだったら、風説の流布で発信源の人間は丸坊主じゃ~(笑)

 しかし、方々を検索しても、カメラの新機種以外の話が出て来ないですが、これでガッカリされたらソニーさんも迷惑な話でしょうね。自分達は何も言っていないのに、周りで勝手に盛り上がって、そして勝手に失望しているのですから……。

 一眼レフの開発、旧ミノルタの大阪から、東京に移す話は、もう正式に発表したのですよね。

久しぶりにコメさせていただきますヽ(^▽^)/

18日は幕張メッセで「国際放送機器展」が行われますね・・・
SONYブースは結構大きくやっていますが何か関係があるんですかね??一応行くのですが・・・


αマウント資産が使えたらいいなぁと妄想していますが・・・
とりあえずα700の後継機が出るまではα200です!

水曜日からInter BEE(国際放送機器展)なので、その情報の事を言ってらっしゃるのではないでしょうか。

カメラでなく、ビデオのXR520V/XR500Vの業務向け機器の発表だったり。

XRも今年2月の発売なので、ここらで発表し、年明け発売となれば1年サイクルになりますし。
(CXシリーズも出ましたが、後継機とは微妙に違うしな。)

 ソニーはCEATEC JAPAN2009では「ハイフレームレート単眼レンズ3Dカメラ」なるものの試作機を大々的にアピールしていましたが、それとは違う何かなのでしょうね。18日は行く予定なので楽しみです。

イロイロと情報が錯綜していますね~♪

ソニーに比べて情報がよくもれるリコーの方が親切な会社に思えてきました(^^ゞ

SonyのHPに、ソニーはInterBEE2009で新しい業務用ラインアップを参考出品しますと書いてありますね。
このことかなぁ・・・。
http://www.sony.jp/professional/

http://www.sony.jp/professional/News/info/pb20091118.html

↑SONYのWebサイトに出てました。

1/3型 “Exmor”3CMOSセンサーの業務用AVCHDカムコーダーですね。
ExmorRじゃないのか??

カシオからはSONYのExmorR素子採用のコンデジ、ネオ一眼が出るようですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2009年11月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマAPO120-400mm F4.5-5.6 DG OSは低価格なセグメントを狙ったレンズだが性能は安定している」です。

次のブログ記事は「ツァイスが8本のニコン用のCPU内蔵レンズ「ZF.2」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る