ペンタックスDA★55mm F1.4 SDMは出来はいいが価格が高すぎる

PhotozoneにペンタックスDA★55mm F1.4 SDMのレビューが掲載されています。

Pentax SMC DA* 55mm f/1.4 SDM - Review / Test Report

  • 歪曲は非常に小さなタル型(0.6%)で、実写では心配ない
  • 周辺光量落ちは、F1.4で0.75EVで非常によく補正されている。これは、シチュエーションによっては目に付くこともあるかもしれないが、ライバルよりも優れている。F2まで絞れば解消する
  • 解像力はF1.4とF2ではかなり低いが、F2.8まで絞るとかなり改善し、中央部は"最高(excellent)"レベルに、周辺部も"とてもよい(very good)"のレベルになる。像面の湾曲は目立たない
  • 倍率色収差は非常によく補正されているが、絞ると大きくなり、F8まで絞ると周辺部で1ピクセルを超える
  • ボケは、F1.4ではハイライト部分の輪郭線がやや強いが、F2、F2.8では完璧。近接域ではややうるさくなるが、ボケのクオリティはとても高い。輪郭部分の色ずれはやや目立つ
  • AFは静かだが、それほど速くはない
  • 開放付近では甘いが、少し絞れば極めてシャープになる。古い世代の標準レンズとは、ボケ味のクオリティが最大の違い。しかし、このクラスのライバルと光学性能に違いは無く、鏡筒の機械的な出来がいいことを考えても、価格は高すぎる

 

光学性能は5点満点で3.5点と、平均的な評価になっています。解像力はこのクラスとしては標準的で、可も無く不可もなくといった感じですが、歪曲や色収差、周辺光量落ちはかなり優秀で、ボケ味も良好です。

一番の問題は結論でも指摘されていますが、やはり価格が高いことでしょうか。鏡筒の機械的な部分の出来は相当にいいようですが、それでも、APS-C専用の50mmでこの価格では、割高感があるのは否めないと思います。

 

2009年11月27日 | コメント(4)

コメント(4)

FA31 ltdが4.5でDA*55が3.5なのは、どうしてなんですかね。
analysisのページで比べたところ、絞り開放での比較では負けてますけど、同じ絞り値ならいずれも上回っているんですけどね。それとも50mmf1.4クラスの基本性能が高いためそのクラスでは3.5ということなんでしょうか。

機械性能はAFのすっとろさを理由として3.5とされてもやむなしな気がします。

このレンズは、完全新設計ではないのでしょうか?
FA★85がベース?とどこかで聞いた記憶があるのですが。
光学系まで一から設計されなおした新世代レンズでないとイマイチ購入に踏み切れない自分がいます。

完全新設計ですよ。
フィルムでのFA★85に相当するレンズということです。

このレンズの設計者、FA★85と同じ平川純氏ですね。
しかしこれ、いいレンズには違いないんだけど、使いこなしが難しそうだよなぁ…。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年11月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα700後継機は2010年第1四半期に発表される?」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF50mm F1.2Lはフルサイズでは欠点が非常に目立つレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る