ツァイスDistagon T* 21mm F2.8は絞り開放から素晴らしくシャープなレンズ

PhotozoneにツァイスのDistagon T*21mm F2.8 ZFのフルサイズ機(ZFですがニコン機ではなくEOS 5D MarkIIです)によるテストが掲載されています。

Zeiss Distagon ZF (ZE) T* 21mm f/2.8 (on Canon EOS) - Review / Lab Test

  • 歪曲は-1.72%の穏やかなタル型だが、形は少し陣笠ぎみ
  • 周辺光量落ちは、開放で2.5EVで非常に大きいが、超広角レンズとしては標準的。しかし、前玉が大変に大きいので、もう少しよい性能を期待していた
  • 解像力は、絞り開放から非常に高く、F5.6まで絞るとピークに達するが、開放との画質の差はどの絞り値でもわずか。最高なのは画面全域で画質が均一なことで、EOSには同じようなキャラクターのレンズはない
  • 色収差は0.8ピクセル以下で、非常によく補正されている。これは、実写では全く目立たない
  • T*21mm F2.8は伝説的なレンズであるばかりでなく、今日のデジタル一眼で高画質で撮影することができるレンズだ。開放から素晴らしくシャープで、色収差は非常に少ないことが高解像力に貢献している。弱点は周辺光量落ちだが、F4まで絞ればよくなる
  • AFはないが、ZEならフォーカスエイドが効くし、ライブビューを使えば問題ない。大いに推薦!(Highly Recomended!)

 

開放から周辺部まで非常に高い解像力で、周辺光量落ちがやや大き目なことを除けば、光学性能は文句なしのレンズですね。光学性能の点数は、5点満点で4点となっています。

記事の中にキヤノンには同じようなキャラクターのレンズはないという記述がありますが、確かに設計の古いEF20mm F2.8では、Distagonと勝負になりそうもありませんね。

2009年11月19日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2009年11月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF70-200mm F2.8L IS IIの発表は2010年1月に延期?」です。

次のブログ記事は「ソニーのミラーレス機はAPS-Cで2010年のフォトキナで登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る