キヤノンEF300mm F4L ISは非常によく出来たレンズだがコーティングとISが時代遅れ

LensTipにキヤノンEF300mm F4L IS USMのレビューが掲載されています。

Canon EF 300 mm f/4L IS USM - lens review

  • 手ブレ補正は第1世代のもので、効果はちょうどシャッター2段分しかない
  • 中央部の解像力は開放からとてもよく、1段絞ると素晴らしい解像力になる。この結果は、シグマの100-300mm F4やキヤノンEF100-400mm を300mmで使ったときよりも優れている
  • 1.4×のテレコンを付けても開放から基準となる30lpmmを超えるしっかりとした解像力だが、EF100-400mmの400mmのほうが優れている。F8同士ではわからない程度の差だが、F5.6では明らかにEF100-400mmのほうがよい
  • 周辺部の解像力もシグマ100-300mm F4やEF100-400mmよりも優れているが、テレコンを付けた場合はEF100-400mmよりも著しく劣る
  • 色収差は0.03%~0.05%で無視してよいレベル。しかし、1.4×のテレコンをつけると、色収差は中程度の大きさになり絞ると更に大きくなる
  • 歪曲は0.28%の糸巻き型(テレコンを使うと-0.38%のタル型)で気付かないレベル
  • 周辺光量落ちはAPS-Cでは開放で12%(-0.38EV)で問題はない
  • 逆光ではレンズフードを目一杯の長さにしても顕著なコントラストの低下が見られるが、ゴーストは認められなかった。逆光耐性は平均レベル
  • AFは静かでとても高速。精度も高い
  • 非常によく出来たレンズだが、発売から10年が経っており、コーティング(逆光耐性)とISが時代遅れになっている。誰もが300F2.8を使えるわけではないし、また、70-300ISで満足できるわけでもないので、中間のクラス(300mm F4ISや400mm F5.6)のリニューアルが必要だ

 

広角系の古いレンズは、銀塩で優秀でも最近のデジカメではあまりパッとしないケースが多いですが、このレンズはかなり優秀なテスト結果で、古い望遠レンズは(出来のよいものなら)今でも十分に使い物になりそうです。

逆光に弱いのとISの効きが悪いのは設計が古いので致し方ないところですが、EF70-300mm ISとの比較サンプルを見る限り、さすがに、廉価なズームレンズとは解像力や抜けの良さが一味も二味も違うようです。

 

2009年11月24日 | コメント(6)

コメント(6)

「AFは静かでとても高速」というのはどうなんでしょう。
実際はAFはカチャカチャ音が鳴るしとても遅いです。
画質は素晴らしいものがありますが・・・

300mmにしても100-400mmにしても早くリニューアルして欲しいですね。

よくできたレンズ、だからこそなかなかリニューアルもしていただけないのでしょうね。

リニューアルを待って買い控えているユーザーは私だけではないはず・・。

こいつのAFは、ある程度合わせて置いてからの合焦は早いけど、
大デフォーカスからのAFは、正直かったるい (ToT )
あと、上の人も書いてるけど、AF時に何かぎこちない音がでるよね。
ISもコンコンと音が派手に出るし、世代の古さは隠せない。
白L単でありながら防塵・防滴仕様じゃないのも残念なところ。

描写に関しては、今となってはやわ系になるでしょうね。
もちろん、現代の単焦点レンズの中ではですけどね。
ズームレンズと比べたらヌケや立体感は流石と言った感じ。
DPPによる収差補正の必要性を感じない絵が吐き出されるので
JPG撮って出しでも平気で使えるのは単焦点の特権ですね。

100-400のリニューアルはもうじきあるかも分からんけど
こいつはどうだろ?600とか500とかが先なんじゃなかろうか?

ISのない300F4Lを未だに大事にしている私にとっては、画質が今一つといわれるIS付きには、指が動かない状況です。
まぁ、予算の面もありますが。

300F4ISに1.4テレコン付けると100-400ISに劣るということですが、私は逆の印象でした。なので、100-400ISは売り払ってしまいましたが・・100-400ISの400mm域は開放で撮るとなんか眠いんですよね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2009年11月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンAi AF DC Nikkor 135mm F2Dが12月にリニューアルされる?」です。

次のブログ記事は「ニコンの2010年の新製品の噂(D800、D90後継機、D4000&交換レンズ)が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る