シグマSD15の開発状況とスペックに関する情報が掲載

Photo RumorsにシグマSD15の開発状況に関する情報とスペックが掲載されています。

Sigma SD15 DSLR camera delayed again

  • シグマのSD15は2009年の夏の登場が期待されていたが、このカメラはシグマのスポークスマンによると今は遅れている
  • 日本のエンジニアは、Foveonセンサーからベストの結果を引き出すために、現在パフォーマンスと画質を最適化する作業を行っている
  • SD15のスペックは次の通り
    • 1400万画素Foveonセンサー、2640×1760ピクセル(×3)、20.7×13.8mm
    • 新型のTRUE II 画像処理エンジン
    • ISO100、200、400、800、1600(拡張モード)
    • シャッタースピードは30秒~1/4000 +バルブ
    • 露出補正 -3~+3EV、0.3EVステップ
    • 8分割露出
    • 連写は3コマ/秒
    • メディアはコンパクトフラッシュ
    • 液晶モニタは3インチ15万ピクセル(これは少ない!)
    • 重さ:750グラム(バッテリー含む)
    • 大きさ:144×107×81mm

 

上の2つの項目はAmateur Photographerからの引用なので公式な情報のようですが、スペックの部分は、どこから持ってきているのかわからないので、信憑性は不明です。

シグマのSD15は、かなり前から間もなくリリースされるという噂が何度も流れているような気がしますが、いつになっても発表されないですね。ただ、Foveonセンサーによる画質が魅力の機種なので、時間がかかってもいいので肝心の画質の部分を満足いくまで作り込んで欲しいものです。

 

2009年11月21日 | コメント(1)

コメント(1)

初めまして。いつも大変参考にさせていただきています(*^ ^*)
「シグマのスポークスマンによる」ということは、このお話の確度は最高ランクなのでしょうか。メディアについては、SD(SDHC)になる予定だったはずだと思うのですが…。山木会長が昨年のフォトキナで「SD(SDHC)カードを採用」と言っていたようです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年11月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロ用のデジタル一眼の販売台数ではニコンが圧勝?」です。

次のブログ記事は「キヤノンPowerShot S90はHD動画が搭載されていないことを除けば素晴らしいコンパクトカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る