タムロンSP AF10-24mm F3.5-4.5 Di II は周辺部の画質が少々残念

PhotozoneにタムロンSP AF10-24mm F3.5-4.5 Di II のレビューが掲載されています。

Tamron SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical IF - Review / Test Report

  • 歪曲はワイド端で-2%のタル型で、いくつかのライバルと比べると目立たない。残念ながらこのレンズは、ズーム全域でタル型(24mmで-1.61%)の歪曲がある
  • 周辺光量落ちは、ワイド端開放では1EVを超え、絞っても1/2EVを上回ったまま。しかし、他の焦点距離では周辺光量落ちはよく補正されている
  • 10mmでは中央部の解像力は開放から"とても良い(very good)"で、絞ると"素晴らしい(excellent)"値になる。周辺部は開放では"良い(good)"の解像力だが、絞れば"とても良い(very good)"になる。四隅は開放では非常に甘く(poor)残念な結果で、F8-F11まで絞れば"とても良い(very good)"に達する
  • 14mmと18mmでは四隅は甘く(poor)、絞っても"とても良い(very good)"のレベルに達しない。24mmは性能がよく中央部は"素晴らしい(excellent)"値で四隅も"よい(good)"~"とても良い(very good)"のレベル
  • 色収差は10mm開放で2.4ピクセルの非常に大きな値で、絞ると小さくなるが、それでもかなり高いレベル。望遠側では1ピクセルに減るが、中間域では大きい
  • このレンズの性能に関しては感銘を受けなかった。ズーム全域で大きなタル型の歪曲があり、色収差は非常に大きい。周辺部の解像力は絞っても少々残念なもので、特に四隅はよくない。しかし、中央部の解像力は非常に高く、おそらく多くのケースで満足できるだろう
  • この焦点域をたまにしか使わない人なら、価格が安ければ選んでもいいかもしれない。傑出したレンズではないが、たぶん十分な性能

 

海外のレビューでは軒並み辛口の評価をされているタムロンの10-24mmですが、Photozoneでも光学性能は5点満点で2.5点と最近のレンズにしては低い点数で、結論は結構辛口の評価になっています。

テスト結果では、開放時と四隅の解像力が弱いのが気になりますが、中央の解像力はズーム全域で結構優秀ですね。

2009年11月 6日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2009年11月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンのデジタル一眼や交換レンズに関するいくつかの噂が掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーが11月18日にフォーサーズセンサーの新型ミラーレス機を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る