オリンパスZD 12-60mm F2.8-4.0 SWDはズーム全域で単焦点レンズに匹敵する解像力

LensTipにオリンパスZuiko Digital 12-60mm F2.8-4.0 SWDのレビューが掲載されています。

Olympus Zuiko Digital ED 12-60 mm f/2.8-4.0 SWD - lens review

  • 中央部の解像力は12mm-23mmでは、どのような絞り値であっても素晴らしい結果で、開放でさえ際立ってシャープ。40mm-60mmでは開放では若干落ちるが、1段絞れば極めてシャープになる
  • 周辺部の解像力は開放では若干不満を感じるもので、35lpmmの解像力はフォーサーズでは、合格点のボーダーライン上。1段絞れば著しく解像力が向上するが、中央部のような際立った解像力には達しない
  • 解像力はズーム全域でそれぞれの焦点距離の単焦点レンズに匹敵し、広角側の広い5倍ズームであることを考えると、実に優秀
  • 色収差は60mm開放でのみ0.12%と中程度の値になるが、それ以外は全域でよく補正されており、感心した
  • 歪曲は12mmで-3.54%のタル型で、同クラスのAPS-Cのライバルが-4.0%~-4.7%であるのと比べると良好な値。23mm以降では、歪曲はほとんど消失する
  • フォーサーズ用のレンズでは周辺光量落ちはほとんど問題とならないが、12-60mmは12mm開放で30%(-1.01EV)の非常に大きな周辺光量落ちがある。幸いF4まで絞れば17%まで改善し、F5.6では12%で気にならなくなる
  • ゴースト・フレア耐性は問題なく、逆光には強い。10群ものレンズ(20の空気との境界)があるので、コーティングは非常に優秀
  • AFは最高レベルの速さで、前ピン・後ピンの傾向もなく精度にも問題はない
  • 望遠側での開放時の周辺の描写が若干よくなれば、このカテゴリーではパーフェクトなレンズ

 

解像力は換算24mmスタートの5倍ズームとしては全域でズバ抜けて高く、非常に優秀なレンズですね。ウィークポイントは、あえて探せば、周辺光量落ちと望遠側の周辺部の解像力ですが、通常は全く問題にならないレベルだと思います。

フォーサーズユーザーなら、標準ズームはこのレンズを選択しておけば間違いなさそうですね。

 

2009年11月22日 | コメント(1)

コメント(1)

始めまして、いつもROMさせてもらっています。

今回、E-520用の常用レンズとして先週に注文しました。現品は今週中に手元にくる予定です。
このカメラには過ぎたるレンズですが前ピン傾向が改善されると期待しています。?

E3後継機が中々でない4/3マウントに”じれて”マイクロ4/3に浮気しオークションでパナソニックDMC-G1を入手しました。これがE-520より優秀なのですがグリップ性が悪く 塗装も滑りやすく、家電メーカーの作り込みの”あら”も目立ちます。

レンズを中心にマウント選定をした訳ですが(比較はVario-Sonnar T*DT 16-80㎜ F3.5-4.5 ZA)レンズに比べてボディ性能が劣るのがオリンパスカメラの弱点かも?

尚、パナソニックLEICAレンズも良いレンズですね1本所有しています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2009年11月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスがマイクロフォーサーズ用の20mm F1.7を計画中?」です。

次のブログ記事は「ペンタックスDA70mm F2.4 Limitedは欠点が少なく手に入れる価値のあるレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る