キヤノンの新大三元レンズのベータテスト&超望遠レンズのリニューアルの噂が掲載

Canon Rumorsに新型の大三元ズーム(?)と超望遠レンズに関する噂が掲載されています。

Beta Testing Lenses[CR1]

  • あるテレビ局でもうすぐ登場するEF14-24mm F2.8L、EF24-70mm F2.8L IS、70-200mm F2.8L IS II のベータテストが行われるだろう
  • これらのレンズは2010年のリリースが計画されている

Big White Lenses [CR1]

  • 新しい大きな白レンズはレンズフードのメカニズムが新型のものに変わるだろう
  • 超望遠レンズのモデルチェンジでは、スタイルとコーティングとししてISがアップデートされるだろう
  • 以下、過去の報告によるアップデートの予定
    • 200mm F2L IS 予定なし
    • 300mm F2.8L IS 予定あり
    • 400mm F2.8L IS 予定あり
    • 500mm F4L IS 予定あり
    • 600mm F4L IS 予定あり
    • 800mm F5.6L IS 予定なし

 

いずれもCR1(=未知のソースからの情報)なので信憑性はあまり高くなさそうですが、大三元の2010年中のリニューアルは、ぜひとも実現して欲しいところです。

超望遠レンズのほうは、ニコンもサンニッパやテレコンをリニューアルしたことですし、キヤノンもだいぶ古くなってきたので、そろそろリニューアルに着手しないとまずいかもしれませんね。ただ、個人的にはEF100-400mmのほうを先にリニューアルして欲しいですが・・・

2009年12月11日 | コメント(1)

コメント(1)

飛行機写真家の中野耕志さんのところに、
キヤノンとニコンのゴーヨンのフレア耐性の比較が出ていますね。
http://blog.strix-photography.com/?eid=1019762#
やはりナノクリパワーは凄いですね。

キヤノンもここに追いつけ追い越せですね。
庶民な私としては、
少し前に評価記事があった、300mm F4L ISのリニューアルも入って欲しいです。
あと、100-400mmですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2009年12月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンAF-S NIKKOR 300mm F2.8 G ED VR II とAF-S Teleconverter TC-20E IIIを発表」です。

次のブログ記事は「EOS 5D MarkIIのファームアップで動画に1080p 24fpsと720p 60fpsのモードが追加される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る