ニコンAF-S 70-200mm F2.8G VR II はこれまで見たズームの中で最もシャープなレンズ

SLRGear にニコンAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G VR IIのレビューが掲載されています。

Nikon 70-200mm f/2.8G AF-S ED VR II Nikkor (Tested)

  • 旧型の70-200mmは、周辺部の甘さが許容できないものだったが、新型ではこの点が劇的に改善されている
  • 解像力は開放からズーム全域で極めてシャープで、70mmでは開放でベストの性能。200mm開放では若干解像力が落ちるが、これまでテストしたすべてのレンズの中で、F2.8でこれだけの性能を達成したレンズはない
  • F4まで絞るとズーム全域で最高のシャープさになるが、F5.6とF8まで絞ってもほとんど性能は変わらない。結論として、これまで見たズームレンズの中で最もシャープなレンズの一つだ
  • 周辺光量落ちは、APS-Cではズーム全域で1/4段以下で問題はない。フルサイズでは、200mm開放で2/3段、他の焦点距離で1/2段程度。70-135mmではF4まで絞れば大きく改善するが、200mmではかなり絞っても完全には解消しない
  • 歪曲はAPS-Cで問題のない値。フルサイズでは若干目立ち、70mmで+0.2%、200mmで-0.5%。旧型と比べると歪曲は改善している
  • シグマ70-200mm F2.8 II EX DGと比べると(新型はテストしていないのでシグマ旧型との比較)、シグマはF4まで絞ればシャープになるが、フルサイズでは、歪曲や周辺光量落ちが大きい。色収差は良好に補正されている
  • タムロン70-200mm F2.8 Diと比べると、タムロンはF2.8からニコンの新型に近い解像力を持っているが、AFが遅く、周辺光量落ちが大きい
  • 旧型からは素晴らしく進歩しており、このレンズが、今日最高の光学技術の象徴であることは疑いない

 

開放から周辺部まで素晴らしくシャープなレンズで、旧型からは劇的に性能が改善している印象です。価格は高いですが、とても魅力的なレンズで、これなら旧型から買い換える価値がありそうです。

個人的には、キヤノンの新しいEF70-200mm F2.8L IS IIが、このレンズと比べてどの程度の性能があるのか気になるところです。

 

2010年1月10日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2010年1月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L ISは、ISとコーティングの改良が必要」です。

次のブログ記事は「パナソニックの新しい交換レンズ(100-300mm、14mm、8mm)は4月中旬に発売?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る