EF-S15-85mm F3.5-5.6 ISは旧型を大きくしのぐ光学性能だが価格が高すぎる

LensTipにキヤノンEF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS のレビューが掲載されています。

Canon EF-S 15-85 mm f/3.5-5.6 IS USM

  • 手ブレ補正は実測で3.5段分で公称の4段分には及ばないが、賞賛に値する結果
  • 20Dによる中央部のテストでは、解像力はすべての焦点距離で絞り開放から40lpmmを超えており(基準は30lpmm)、若干絞ると44lpmmに達する。この結果はほとんどパーフェクトで、拍手を送りたい
  • 50Dによる中央部のテストでは、ピークで50lpmmに達し、50Dや7Dと組み合わせて極めてシャープな画像が得られるだろう
  • 20Dによる周辺部のテストでは、解像力は絞り開放からズーム全域で30lpmmを超え、1~2段絞れば36-39lpmmに達する。この結果は非常に優秀。85mmではわずかに他の焦点域よりも悪くなるが、それでも結果は良好なもの
  • 50Dによる周辺部のテストでは、レコードは破れなかったもののレコードからそう遠くない値で、どの焦点距離・絞り値でも非常にシャープな画質。これ以上、何が必要だろうか?
  • 色収差は広角端の開放では大きいが1段絞れば中程度の大きさになる。基本的には色収差は、ニコンの16-85 VRと同程度
  • 歪曲は15mmで-4.52%のタル型で、30mmでは0.75%、85mmでは0.64%の糸巻き型。この値はニコンの16-85 VRに近い値だが、ニコンのほうが広角側で若干良く、望遠側で若干悪い
  • 周辺光量落ちは15mm開放時に45%(-1.73EV)、F4で38%、F5.6で28%で、かなり絞っても完全には解消しない。ニコン16-85 VRよりは良好だが、ツァイスの16-80には劣る
  • 逆光耐性は枚数が多いにもかかわらずとても良好。四隅に光源が入ったときだけ、ゴーストが出ることがあるが、強いものではない
  • AFは静かで本当に速い。精度も問題なし
  • ほとんどすべての観点から旧型のEF-S 17-85mmを大きく超えた光学性能で、広角側が2mm広くなったことがとても大きい。しかし、作りはチープで、もう少しお金を出せば、ずっと作りのよいフルサイズ用のEF24-105mm F4 ISが買えてしまう価格設定は高すぎる

 

解像力はズーム全域で絞り開放から非常に高く、ほとんど文句のない値ですね。望遠側で周辺部の解像力が少し落ちるものの問題のない範囲だと思います。一番の欠点は周辺光量落ちですが、これはこのクラスのライバルも似たり寄ったりなので、仕方がないところかもしれません。

結論では価格が高すぎることが指摘されていますが、確かに望遠側がF5.6の標準ズームとしては、価格は少々高いような気がします。とはいえ、光学性能&15mmスタートを考えれば、許容範囲内でしょうか。

 

2010年1月31日 | コメント(5)

コメント(5)

確かに性能は良さそうですが、作りがチープな割には高すぎるという評価は、僕も同意です。このレンズを最もリーズナブルに手に入れる方法は、7Dとのレンズキットではないかと思っています。でも、どちらにせよ、僕には高すぎてレンズキットどころか、7Dボディすら買えませんけど…、あー持っている方が羨ましいです!

これも欲しいレンズだったが、
結局100Lマクロに行ってしまった自分は
当分の間は新しいレンズは買えない。

このレンズを買わなかった理由はやっぱり値段ですよ。

キットレンズとは思えない値段設定。
あくまで並玉の、金鉢巻も巻いていない
しかもEF-Sズームにこのお値段はないでしょ。
せめてF4通しにするくらいの気合が必要だよ。
もしくは防塵付けて差別化をするべきだった。

初心者用には高すぎる。
そこそこ違いが分かる者にとっては
値段の割りに操作性や作りに不満が出る。

本当に残念なレンズだ。

テレ端での周辺解像力の評価が、LensTipとPhotozoneでは異なっていますね。
LensTip(50D)は、"What more do we need?"とベタぼめしています。
Photozone(50D)は、"85mm is the weakest setting with only good borders although the center resolution remains very decent." と中央部はいいけど周辺部は…。としていますね。

本当のところどうなのでしょうか?

デジカメWatchでの、7Dの実写画像とライバルとの画質比較のコーナーでは、
周辺光量落ちがひどくて使用されなかったレンズですね。
純正で速いAFとフルタイムMF、高解像度、15mmスタートなのに
これだけ欠点を指摘されるレンズも珍しく思います。
7DのキットレンズならEF24-105mm F4L IS USM相当のEF-Sレンズが出て欲しかったです。

「EF24-105mm F4L IS USM相当のEF-Sレンズが出て欲しかったです。」、まさに同感です。
「EF-S15-85mm F3.5-5.6」は、販売対象をハイアマチュアとしているレンズだと思います。
ハイアマチュアに人気の「EF70-200mm F4L IS USM」とのつながりを考えて、ズーム比を4.6倍と抑え「テレ端を70mm」にして、70-200F4IS同様に「開放から使えるF4通しの絞り値」とした「EF-S15-70mm F4.0 IS USM」(35mm判換算で24〜112mm相当)の方が、ハイアマチュアは望んでいるのではないでしょうか。(沼にしずめるためにも…。)
「EF-S15-70mm F4 IS USM」と「EF70-200mm F4L IS USM」の2本で、35mm判換算で24〜320mm相当のシステムが組める。私は、そんなレンズが欲しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年1月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのミラーレス機とレンズシステムに関する噂が掲載」です。

次のブログ記事は「パナソニックLX3後継機の登場は確実。時期は2010年下半期?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る