キヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L ISは、ISとコーティングの改良が必要

LensTipにキヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L ISのレビューが掲載されています。

Canon EF 100-400 mm f/4.5-5.6L IS USM - lens review

  • ISは第1世代のもので、効果は実測で2.2EV程度。これは、このような高価なレンズとしては自慢できるものではない
  • 解像力が最も高いのは200mmで100mmと300mmでは若干低くなり、400mmは最も低い値になるが、焦点距離による解像力の違いは大きくはない
  • 絞り開放での中央部の解像力は既にピークの値に近く、賞賛に値するが、絞っても40lpmm(基準値は30lpmm)には達しない。100-300mmではシグマ100-300mm F4よりも少し劣る。トキナーの80-400mmと比べると、キヤノンのほうがはっきりとよい結果
  • (APS-Cでの)周辺部の解像力は、記録を破ることはなかったが、ズーム全域でとても良好で、絞り開放でも問題はない値。シグマ100-300mm F4と比べると、100-200mmではシグマがはっきりとよいが、300mmではキヤノンのほうがわずかに優れている
  • 色収差は極めてよく補正されていて、200mmと300mmではほとんどわからない程度。400mmでは、若干大きくなるが、それでも低いレベル。100mmが最も悪い値だが、それでさえ、"低い"と"中程度"の境界程度の値
  • 歪曲は100mm、200mm、300mm、400mmでそれぞれ、-0.10%、0.37%、0.44%、0.51%で全域で小さい。実写では気づかない程度。周辺光量落ちは、(APS-Cでは)400mm開放で15%(-046EV)で問題なし
  • 逆光耐性は非常に弱く、深刻な問題で、Lレンズの名に値しない。AFは静かで素早い。スタジオでのテストでは、AFのミスは2%で素晴らしい精度
  • 最新の4段分のISと、もう少しましなコーティングを採用すれば、望ましいレンズと言うことができるだろう。このレンズがマーケットから姿を消し、後継機が発売されるという噂は、本当ではないかと思う

 

解像力に関しては結構よい評価になっていますが、それほど高い値ではなく、最新のレンズのレベルと比べると少し物足りない値だと思います。色収差や歪曲は優秀ですが、逆光でかなり盛大なゴーストが発生しているあたりは、さすがに古さを感じさせますね。

後継機に関しては、Canon Rumorsでは今年中の登場はないと予測していましたが、ここでは、近日中に登場するのではないかという予測になっています。

今年のキヤノンは、噂によると大三元の残り2本や、L単、EF-Sマクロなどのリニューアルが控えているようなので、このレンズまで手が回らない可能性もありますが、個人的にはなるべく早くリニューアルして欲しいと思います。

 

2010年1月10日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2010年1月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンから2本の新型ズームレンズが登場?」です。

次のブログ記事は「ニコンAF-S 70-200mm F2.8G VR II はこれまで見たズームの中で最もシャープなレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る