キヤノンの動画やハイエンドコンデジでのニコンへのアドバンテージは近日中に無くなる?

Nikon RumorsにニコンのJohan Kling氏へのインタビューの翻訳が掲載されています。

Canon's advantages (1080p video and G11) will end soon

  • KameraBildでスウェーデンのニコン社長であるJohan Kling氏へのビデオインタビューが公開されている
  • 彼は、ニコンの将来のデジタル一眼は、720pと1080pの両方の動画モードを搭載する可能性が極めて高いと考えている
  • 彼は、ニコンのハイエンドコンパクト機のセグメント(PowerShot G11 やミラーレス機)のラインナップの欠如について「P5000とP6000は成功してはない。スウェーデンのニコンでは、日本の後術者がこのカテゴリーで首尾よく戦うことができる新型機を開発していると確信している」と述べている
  • このインタビューの結論は、(Nikon Rumorsの考えでは)キヤノンが現在持っている1080pの動画とPowerShot G11のアドバンテージが近日中に終わるということではないか。これには、乾杯と言いたい!

 

ニコンもいつまでも動画は720pのままというわけにもいかないでしょうから、遅かれ早かれ1080pの動画を搭載して来るでしょうね。

また、ニコンのコンデジのハイエンドモデルは、確かにG11やLX3などに比べると目立たない存在になってしまっているので、この分野でテコ入れをしてくる可能性も十分に考えられそうです。

ただ、これまでのニコンの社長や幹部の発言からすると、ハイエンドコンパクト機よりもレンズ交換式のミラーレス機が登場する可能性のほうが高いかもしれませんね。

 

2010年2月 5日 | コメント(2)

コメント(2)

おぉニコンに1080pきそうな気配か。
独自開発チップじゃなければ例のメーカーのチップがようやく1080p対応してきたって事かな。
そうならば遅かれ早かれペンタックスも1080p来るよな♪
K7が気に入ってないだけに、ペンタの次期主力が待ち遠しい。

今のコンパクトでは、キヤノンよりもパナが怖いかもしれませんね。撮影中にAFというものをフォーサーズで既に実現していますし。動画の質云々より、小さいカメラは使い勝手が大切ですからね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年2月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックG1後継機は2月の遅い時期、GH1後継機は第3四半期に発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンが2月8日にロンドンで記者発表を予定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る