オリンパスE-PL1のDxO Markのテスト結果が掲載

DxO LabsにオリンパスE-PL1のベンチマークの結果が追加されています。

Detailed image quality data for Olympus PEN EPL1
  

   E-PL1   E-P2   GF1   GH1 
DxOMark Sensor
(RAWによる
画質の総合点)
54  55.6 53.4 63.6
Color Depth
(色の再現域と分離)
21.5 21.5 21.2 21.6
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
10.1 10.4 10.3 11.6
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容できる
最高のISO感度)
487 505 498 772

 

比較しやすいように、主要なマイクロフォーサーズ機のDxOMarkのデータを加えて一覧表にしてみました。

E-PL1のDxOMarkの結果は予想通り(?)同じセンサーを使うE-P2とほとんど同じ値になっています。パナソニックのGF1ともほとんど同じ値なので、GF1もほぼ同一のセンサーを採用していると考えてよさそうです。

ただ、GH1だけはDxOMarkの結果が頭ひとつ抜けていて、他のマイクロフォーサーズ機と比べると思いのほか大きな差がついているという印象です。

2010年4月 6日 | コメント(1)

コメント(1)

さすがGH1は、他社に供給してないスペシャルセンサーだけの事ありますね。
m4/3機はG1のみ所有ですが、こういうのを見ると買い換えたくなりそうです(^^;
しかし、こうなると気になるのは、噂に出ている
オリンパスとパナ、それぞれのハイエンドm4/3機ですね。
パナはGH1のセンサーか、その発展形を載せてくるんでしょうけど、対するオリンパスは……。
この辺は、自社で撮像素子を開発できないメーカーの弱みでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2010年4月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Zeiss Distagon T* 35mm F2はフルサイズでの周辺光量落ちの大きさがウィークポイント」です。

次のブログ記事は「ソニーα700後継機はNABで登場するが当分発売はされない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る